オミクロン株に関する水際対策等についての会見

令和3年11月29日
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

(オミクロン株に関する水際対策について)

 オミクロン株への対応につきましては、緊急的な対応について是非国民の皆さんに直接御協力をお願いしたいと思っています。オミクロン株の病毒性ですとか、あるいはブレイクスルー感染力など、いまだ世界的に専門家ネットワークの分析が行われている、分析途上の状況にあります。しかしながら、WHO(世界保健機関)は26日に懸念される変異株に指定いたしました。よって我が国も最悪の事態を避けるために、緊急避難的な予防措置として、まずは、外国人の入国については11月30日午前0時より全世界を対象に禁止いたします。そして、日本人等についても南アなど9か国に加えて、感染が確認された14か国、そして地域から帰国する場合にはリスクに応じて指定施設における厳格な隔離措置を実施いたします。これらはオミクロン株についての情報がある程度明らかになるまでの念のための臨時・異例の措置であります。なお、我が国はG7の中でも最高のワクチン接種率、かつ2回目接種から最も日が浅い状況にあります。マスク着用を始め、行動自粛への国民の協力についても世界が賞賛している状況です。オミクロン株のリスクへの耐性は各国以上に強いと認識しております。国民の皆さんには、落ち着いて対応するよう呼びかけたいと思います。そして、未知のリスクには慎重の上にも慎重に対応すべきと考えて政権運営を行っております。まだ状況が分からないのに岸田は慎重過ぎるという批判については、私が全て負う覚悟でやってまいります。万が一の措置で御不便をお掛けする国民の皆さんには御理解をお願いしたいと思います。なお、詳細につきましては、事務方から改めて説明させたいと思います。

(ナミビア共和国からの入国者で1人陽性者が出たとの情報について)

 対象国から、今まで32名の入国があったと報告を受けています。その中で、ナミビアから入国した1名について新型コロナウイルス陽性の疑いがあるとの報告を受けており、直ちにゲノム解析を行い、詳細を調べてまいります。詳細については、事務方から説明させますが、一応そういった事実関係については報告を受けているところです。おっしゃるように、これはゲノム解析の最中ですので、オミクロン株かどうかまだ判断はされていないということであります。ゲノム解析は4日から5日かかると聞いております。

(観光目的の入国について年内をめどに再開の検討に入るという方針について)

 まずは現状をしっかり把握し、そしてその状況を把握した上で機動的、柔軟に対応していかなければならないと考えています。オミクロン株については、世界的にその感染力がどうなのか、あるいはワクチンが効くのかどうか、更には重症化する可能性がどれだけあるのか、まだまだこれから専門家の分析・解析が進んでいく、こういった状況にあるわけですから、これをしっかり確認した上で、様々な対応を考えていかなければいけない。しかしその際に、この状況に応じて機動的・柔軟的に対応していくことが大事であると基本的には考えています。是非、状況把握に努めたいと思っています。

関連リンク

総理の演説・記者会見など