本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年1月11日日本経済再生本部

  • 日本経済再生本部であいさつする安倍総理1
  • 日本経済再生本部であいさつする安倍総理2
日本経済再生本部であいさつする安倍総理1 日本経済再生本部であいさつする安倍総理2

 平成25年1月11日、安倍総理は総理大臣官邸で、第2回となる日本経済再生本部を開催しました。

 本日の会議では、「日本経済再生に向けた緊急経済対策」が決定されました。
 安倍総理は、本日の決定を踏まえ、次のように述べました。

 「政権発足後の大変短い期間であったにもかかわらず、各閣僚のご尽力もあって、本日、日本経済再生に向けた取組みの第1弾である、「緊急経済対策」を取りまとめることができました。
 麻生財務大臣には引き続き、この対策を踏まえて、補正予算の取りまとめにご尽力をいただきたいと思います。
 すべての閣僚におかれては、この対策を早期に実行に移し、具体的成果につなげる努力を行うとともに、対策の内容や考え方、国民生活への効果などについて、あらゆる機会を捉えて、国民の方々にわかりやすく説明するよう、心がけていただきたいと思います。
 なお、甘利経済再生担当大臣におかれては、国内外の情報発信を積極的に行っていただきたいと思います。
 前回の本部で設置した、産業競争力会議においては、野心的な成長戦略を策定したいと申し上げましたが、会議の中で提案された課題や方策のうち、迅速な対応を図るべきものについては、戦略のとりまとめを待つことなく、早急に実行に移すことができるようにしていきたいと思います。
 なお、産業競争力会議のスタート前ではありますが、私から1点、問題提起しておきたいと思います。
 日本経済再生のためには、産業競争力の強化と、それを支える雇用や人材等に関する対応強化を、車の両輪として進めていくことが欠かせない、特に若者や女性の雇用問題に対して、しっかりとした処方箋を提示していくことが喫緊の課題であります。
 したがって、経済再生担当大臣の調整の下で、関係閣僚が連携して、若者や女性等の雇用に関わっておられる方々の生の声をお聞きしながら、若者や女性等の直面する課題の抜本的な解決方法を、検討していただきたいと思います。
 その上で、産業競争力会議でも議論することとしたいのでよろしくお願いします。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.