本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年1月25日在アルジェリア邦人拘束事件対策本部会議(第7回)

  • 在アルジェリア邦人拘束事件対策本部会議で黙祷をささげる安倍総理1
  • 在アルジェリア邦人拘束事件対策本部会議で黙祷をささげる安倍総理2
  • 在アルジェリア邦人拘束事件対策本部会議であいさつする安倍総理
在アルジェリア邦人拘束事件対策本部会議で黙祷をささげる安倍総理1 在アルジェリア邦人拘束事件対策本部会議で黙祷をささげる安倍総理2 在アルジェリア邦人拘束事件対策本部会議であいさつする安倍総理

 平成25年1月25日、安倍総理は総理大臣官邸で、第7回となる在アルジェリア邦人拘束事件対策本部会議を開催しました。

 会議の冒頭、今回の事件の犠牲となられた方々へ黙祷をささげた後、安倍総理は、次のように述べました。

 「現地から戻られた鈴木総理特使から、先ほど、亡くなられた9名のご遺体が帰国したとの報告を受けました。
 ご家族の皆様のご心痛に思いをいたし、改めて政府として、心から哀悼の意を表します。
 昨日、確認された1名の方についても、1日も早くふるさと日本の地に戻られるよう、支援を行っていただきたい。
 アルジェリアでのテロ事件の発生以来、政府では、人命の安全確保を第一に、情報収集・集約を行い、関係各国と連携して邦人の無事の確認・救出に全力を尽くしてまいりましたが、結果として世界の最前線で活躍する10名の日本人が犠牲となったことは、痛恨の極みです。
 日本政府は、今回の卑劣なテロ行為を起こしたテロリスト集団を、断固として非難します。
 各位にあっては引き続き、国際社会と連携して、テロとの闘いに取り組んでいただきたい。
 また、海外の最前線で活躍する企業・邦人の安全を守るため、官房長官の下で今回の事件の検証を行い、必要な対策に、政府一丸となって迅速に取り組んでいただきたい。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.