本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年1月29日在アルジェリア邦人に対するテロ事件の対応に関する検証委員会

  • 在アルジェリア邦人に対するテロ事件の対応に関する検証委員会であいさつする安倍総理1
  • 在アルジェリア邦人に対するテロ事件の対応に関する検証委員会であいさつする安倍総理2
在アルジェリア邦人に対するテロ事件の対応に関する検証委員会であいさつする安倍総理1 在アルジェリア邦人に対するテロ事件の対応に関する検証委員会であいさつする安倍総理2

 平成25年1月29日、安倍総理は総理大臣官邸で、第1回となる在アルジェリア邦人に対するテロ事件の対応に関する検証委員会に出席しました。

 安倍総理は、あいさつの中で次のように述べました。

 「会議を開催するに当たり、改めてアルジェリアにおけるテロ事件の犠牲となった10名の皆様に対して、政府として心からの哀悼の意を表します。
 あわせて、テロリスト集団によるテロ行為を、断固として非難します。
 世界の最前線において、地域のために、日本のために、活躍する日本人が、テロの犠牲となったことは痛恨の極みであります。
 我が国の成長と発展、国際貢献のために、海外において邦人・企業が安全に活動することが必要不可欠であります。
 今回の尊い犠牲を無駄にしないためにも、海外において、邦人・企業が安心して活動できるよう政府一丸となって、今回の教訓を活かしていかなければなりません。
 本検証委員会では、事件への具体的な検証を行った上、部外有識者のご意見もいただき、テロや騒じょう事件などの緊急事態に備えて、第一に、平素からとるべき対策、第二に、万一危機が発生した場合に在留邦人等を保護するための対策を検討していただきたいと思います。
 官房長官の下で、政府一丸となって、迅速に、この喫緊の課題に取り組んでいただきたいと思います。」
 

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.