本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年2月26日日本経済再生本部

  • 日本経済再生本部であいさつする安倍総理1
  • 日本経済再生本部であいさつする安倍総理2
日本経済再生本部であいさつする安倍総理1 日本経済再生本部であいさつする安倍総理2

 平成25年2月26日、安倍総理は総理大臣官邸で、第4回となる日本経済再生本部を開催しました。

 本日の会合では、成長戦略の推進について議論されました。

 本日の議論を踏まえ、安倍総理はあいさつの中で次のように述べました。

 「先週末に、オバマ大統領と日米首脳会談を行いました。経済政策については、「三本の矢」を説明し、オバマ大統領からは歓迎し、強いリーダーシップを期待しているとの話があるなど、日本経済の再生は世界にとって有意義であるとの認識を共有をいたしました。
 今回の会談により、TPPでは、「聖域なき関税撤廃」は前提ではないことが明確となりました。日米首脳会談の成果を踏まえ、内閣総理大臣として、国益にかなう最善の道をできるだけ早く判断したいと思います。
 さて、成長戦略については、第二回産業競争力会議で議論された政策課題に関して、関係大臣に速やかな対応をお願いをしたいと思います。その際、成長戦略を効果的かつ整合的に進めるべく甘利経済再生担当大臣と個別の進め方、内容ともよく調整していただきたいと思います。
 農業について、若い人が働きたいと思えるような、世界に日本の農産品を広げていくような、「攻めの農林水産業」の展開に向けて、林農林水産大臣に、従来の発想を超えた大胆な対策の具体化を、関係大臣と協力して図っていただきたいと思います。
 その際、農業を産業としての側面だけでなく、日本の美しいふるさとを守る機能も大切にすること、そして、流通、IT、金融などの多様な業種との協力、事業提携が加速することに意を砕いていただきたいと思います。
 エネルギーコスト削減対策に関して、政府一体となって電力システム改革を推進するため、その改革方針を閣議決定した上で、茂木経済産業大臣には、今国会の提出を目指して、法案を速やかに取りまとめていただきたいと思います。
 総合科学技術会議の司令塔機能について、省庁縦割り打破を図るため、権限、予算両面においてこれまでにない強力な推進力を発揮できるよう、その在り方を含め、抜本的な強化策の具体化を山本科学技術政策担当大臣にお願いをしたいと思います。
 本日は、甘利大臣からあった国際展開戦略の提案について、関係大臣は甘利大臣と連携して検討していただきたいと思います。
 今後、産業競争力会議の下で、民間議員と関係大臣とのテーマ別会合を行ってまいりますので、関係大臣の御協力をお願いしたい。また、本日、夜に産業競争力会議を開催し、訪米の結果も説明した上で、TPPについて、民間議員の意見もお聞きをしたいと思います。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.