本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年3月21日スティグリッツ コロンビア大学教授による表敬

  • ジョセフ・ユージン・スティグリッツ教授による表敬を受ける安倍総理1
  • ジョセフ・ユージン・スティグリッツ教授による表敬を受ける安倍総理2
  • ジョセフ・ユージン・スティグリッツ教授による表敬を受ける安倍総理3
ジョセフ・ユージン・スティグリッツ教授による表敬を受ける安倍総理1 ジョセフ・ユージン・スティグリッツ教授による表敬を受ける安倍総理2 ジョセフ・ユージン・スティグリッツ教授による表敬を受ける安倍総理3

 平成25年3月21日、安倍総理は総理大臣官邸で、コロンビア大学のジョセフ・ユージン・スティグリッツ教授による表敬を受けました。

 安倍総理はあいさつの中で、次のように述べました。

 「今、我々は、大胆な金融緩和政策と機動的な財政政策、成長戦略、この3つの次元の違う政策を進めていくによって、デフレ脱却を目指しているところであります。
 日本ではこうした政策は主流的な考えではなかったのですが、私がこういった主張をしている間に、教授から、支持するご発言をいただいたことは大変心強いかぎりでありました。
 浜田教授には、政府のアドバイザーとして助けていただいているわけでありますが、私がこの政策を申し上げるに際しましても、浜田教授からアドバイスをいただいたわけでありますが、その間、スティグリッツ先生の学説もお伺いしました。
 我々の課題は、多くの人たちが、経済成長の果実を享受できるような状況を作っていくことであります。」
 

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.