本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年8月9日長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典参列等

  • 平和祈念式典で献花をする安倍総理
  • 平和祈念式典で黙とうする安倍総理
  • 平和祈念式典であいさつをする安倍総理
  • 被爆者代表から要望を聞く会であいさつする安倍総理1
  • 被爆者代表から要望を聞く会であいさつする安倍総理2
  • 被爆者団体の代表から要望書を受け取る安倍総理
  • 記者会見を行う安倍総理1
  • 記者会見を行う安倍総理2
  • 「恵の丘長崎原爆養護ホーム」であいさつする安倍総理
  • 「恵の丘長崎原爆養護ホーム」を慰問する安倍総理1
  • 「恵の丘長崎原爆養護ホーム」を慰問する安倍総理2
  • 「恵の丘長崎原爆養護ホーム」を慰問する安倍総理3
平和祈念式典で献花をする安倍総理 平和祈念式典で黙とうする安倍総理 平和祈念式典であいさつをする安倍総理 被爆者代表から要望を聞く会であいさつする安倍総理1 被爆者代表から要望を聞く会であいさつする安倍総理2 被爆者団体の代表から要望書を受け取る安倍総理 記者会見を行う安倍総理1 記者会見を行う安倍総理2 「恵の丘長崎原爆養護ホーム」であいさつする安倍総理 「恵の丘長崎原爆養護ホーム」を慰問する安倍総理1 「恵の丘長崎原爆養護ホーム」を慰問する安倍総理2 「恵の丘長崎原爆養護ホーム」を慰問する安倍総理3

 平成25年8月9日、安倍総理は長崎市の平和公園で開催された長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に参列しました。

 68回目の「原爆の日」に行われたこの式典には、被爆者や遺族らおよそ6300人が参列、また、44カ国と欧州連合(EU)の代表も出席し、犠牲となった方々の冥福と世界の平和を祈りました。今回は、インドの代表も初めて式典に参列しました。

 田上富久長崎市長、遺族代表、被爆者代表、市内青少年代表によりこの1年間に死亡が確認された被爆者の名簿が奉安され、遺族代表、被爆者代表、小・中・高校生代表が献水を行いました。そして、田上市長や安倍総理らが献花を行いました。

 原爆が投下された午前11時2分、「長崎の鐘」が鳴り響き、参列者は1分間の黙とうをささげました。田上市長による「平和宣言」、被爆者代表による「平和への誓い」、小学校の児童による合唱の後、安倍総理、長崎県知事によるあいさつが行われました。

 式典の最後に、高等学校の生徒による合唱が行われました。

 式典後、安倍総理は長崎市内のホテルで、「被爆者代表から要望を聞く会」に出席し、5団体の代表者らから要望を受け、続いて記者会見を行いました。

 その後、「恵の丘長崎原爆養護ホーム」を慰問しました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.