本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成25年6月1日TICAD V開会式安倍内閣総理大臣オープニングスピーチ

※スマートフォン等で動画をご覧いただけない場合にはパソコンでご覧下さい。

 アフリカ各国首脳の皆様に、心より、歓迎の意をお伝えします。今日から3 日間、皆様と一緒に、アフリカの開発を語り合えますことを、待ち望んでおりました。
 私はAU 委員会、国連、世銀、UNDP の共催者を代表し、ここに、TICAD Vの開会を宣言いたします。
 皆様、今年、TICADは20 周年を、そしてOAU/AU は、ゴールデン・ジュビリー(創立50 周年)を迎えました。平坦ではない道のりでしたが、よく、ここまで、歩んできたと思います。
 次々独立した、アフリカ諸国が、大きな期待をこめて、OAU を作ったのは、1963 年です。
 日本が、東京五輪を開いたのは、その、翌年でした。エチオピアの、アベベ選手が、マラソン2 連覇の偉業を成し遂げ、人々に、アフリカの力を教えました。
 そして、閉会式の日に、まさしく、時を同じくして、北ローデシアが、ザンビアとして独立したのです。
 新生ザンビアの国旗が、世界に向けて、初めて打ち振られたのは、皆さん、東京オリンピックの、閉会式においてだったのです。
 それから50 年。開発計画の、挫折と、累積債務、貧困と、紛争、アパルトヘイトなど、アフリカは、数々の苦難を、乗り越えねばなりませんでした。
 しかし、わが日本は、アフリカの未来を信じ続けました。国際社会が、ポスト冷戦の状況下、アフリカを忘れかけた1990 年代、日本のみは、アフリカの発展を信じ、TICADを始めたのです。
 TICADを通じて、一貫して、訴えたのが、「自助」と、「自立」の重要性です。そして、あくまで、「成長」を、重視する発想です。
  貧困は、成長によって克服できると考えることは、私たち日本人には、当初から、自明でした。それは、アフリカの潜在力を、疑わなかったからでもあります。
 自助・自立、成長重視。いまや力強い前進を続けるアフリカから、この2 つを熱望する声が、澎湃と上がるのを見るにつけ、私は、TICADの行き方は、間違っていなかった、TICADが夢見た未来は、いまや実現しつつあるのだと、誇りをもって、宣言したいと思います。
 さあここで、OAU/AU50 年の歩み、TICAD20 年の道のりに、改めて、祝福を与えましょう。どうか、ご起立をください。そして、拍手を、ご一緒にお願いします。
 そして、かつて、アフリカ勃興を、世に知らしめる舞台となった東京オリンピックが、2020年に、再び開けますよう、皆様の、ご支持をお願いします。
 ここも、拍手を頂きたいところであります。
 いま、アフリカに必要なものは、民間の投資です。それを活かす、PPP、すなわち官民の連携です。
 これを、新たなリアリティとして認めると、アフリカ支援のやり方は、一新しなければなりません。どう、一新するのか。その答を、ご提示します。初めに、総額からです。
 今後5 年間で、わが日本は、最大約3.2 兆円、320 億ドルの官・民の取組みによって、アフリカの成長を支援します。ODAは約1.4 兆円、その他官・民による資金は約160 億ドルです。
 また、最大20 億ドルの、貿易保険を引き受けます。
 今回、準備のプロセスで、私たちは、いま最も力点を置くべき分野は何かを、アフリカ各国に聞きました。答えは、いつも同じでした。インフラ整備、産業人材、保健、農業です。そしていつも、鍵は、「人づくり」です。これは、日本が力を発揮したい分野です。
 まずインフラ整備です。我が国は今後5 年、約6500 億円、65 億ドルを投じます。これを、アフリカが自ら必要とし、自ら計画する、インフラ開発に充てます。まず、内陸部と、沿岸をつなぐ、「国際回廊」。そして、送電網の整備。これらを一気に、前へ進めます。
 次に、人材育成です。ここで重要なことは、ただ、やみくもに、職業訓練を強化しても、ジョブに、つながらないことです。
 本当に、労働市場の需要にあった、人材を作らなければなりません。
 「出口のある教育」を、提唱したいと思います。
 現地の企業、とりわけ、日本企業の、必要に応じた人材育成をめざします。
 さらに、一歩進めましょう。
 私は、アフリカの、有為の若者が、やがて、日本と、アフリカをつなぐビジネスの主役になるのを信じて疑いません。
 そのため、今日この場で、「安倍イニシアティブ・アフリカの若者のための、産業人材育成イニシアティブ」を、発表します。
 アフリカから、日本へ学びに来る若者のため、大学や、大学院での教育に加え、日本企業で、インターンとして働く機会を、同時に提供するものです。規模は、5 年で1000 人です。
 加えて、すでにJICAや、ハイダ(HIDA・海外産業人材育成協会)が実施している人材育成事業や、国費留学生制度なども活用し、今後5 年で、3 万人の、ジョブにつながる「産業人材」の育成に乗り出します。
 アフリカ現地では、我が国は、エチオピア、セネガルなど10 カ所で、「人づくり拠点」をこしらえます。職業訓練のエキスパートを、そこに送り込みます。
 すでに、「トヨタ・ケニア・アカデミー」という、素晴らしい前例があります。
 トヨタはケニアに、広大なキャンパスを持つ、学校を作りました。この施設では、JICA との協力により、自動車整備のみならず、建設機械、農業機械などの、技術者訓練を実施します。
 まさに、日本標準の、プロフェッショナル人材育成学校になります。
 加えてアフリカからは、行政官の皆さんを、日本へお呼びします。PPP を進めるのに必須の制度を、作り上げていただくためです。日本とアフリカの間とは、このように、いつも、双方向の関係となるでしょう。
 次に、保健です。
 日本では、少し健康を害しても、誰もが気楽に、病院へ行ける制度を、築きあげています。
 そんな、日本の制度と経験を、アフリカに生かしたいと思います。万人にとっての、保健医療、つまり、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ、UHC の推進です。
 ガーナに、いい例がありますからご紹介します。母と子の、いのちにとって欠かせない、栄養のお話です。
 話は、10 年ほどさかのぼります。
 そのころから我が国は、ガーナで、小さな助産院を作る、協力事業を始めました。診察室の裏に、小さな居住空間があって、そこに、公的資格を認められた、助産士さんが常駐します。母体の健康を守ることと、出産時の、適切な対応をしてもらうためです。
 母親学級、というのも始めました。妊婦さんを集め、注意してほしいことを伝える、啓発活動です。JICA が送った女性隊員や、我が国のNGO が、営々と、こうしたことを続けてきておりました。
 そこに目をとめたのが、日本を代表する食品関連企業の1 つ、味の素です。
 味の素は、創業百周年。さて新しい市場を拓き、世のためにもなる仕事はないかと、社内で公募をし、採用された事業が、ガーナで、離乳食サプリメントをつくることだったのです。
 いま、私の手元に、その離乳食サプリがあります。「KOKO Plus」(ココプラス)といいます。
 これがそうです。
 KOKOとは、ガーナ伝統の離乳食です。それに、栄養分をプラスすると、赤ちゃんの体重が増え、ガーナの親たちの顔が、自然にほころぶサプリです。
 すばらしいのは、これを現地の大学と一緒に開発したことです。これを広める仕事を、JICAのみならず、米国の、USAID も、巻き込んだことです。
 民間と、政府、まさしくPPP で、日本の外交戦略として、UHC を進めたいのです。
 私は、「UHC」を、これから、「ジャパン・ブランド」にしてしまうつもりです。
 最後に、農業です。食料不足や、栄養の問題は、アフリカにとって、長年の課題です。各国とも、食糧増産に力を入れていますが、私たちの目指すところは、もう一歩先にあります。
「食べるため」から、「稼ぐため」の農業に、変えていきたいのです。
 ここで私は、1 人、ゲストを紹介します。相川次郎さん。どうぞご起立ください。
 若い時、青年海外協力隊隊員として、タンザニアで、農業指導に携わって以来、相川さんは、ずっと、アフリカ農業に関わってきました。
 ケニアで、2500 人という農民の所得を、なんと倍増させたのは、ここにいる、この相川さんです。
 アフリカの女性を強くせずして、アフリカの農業は強くならず、アフリカの農業を強くせずして、アフリカは、堅固になりません。
 そんな信念をもつ相川さんがしたことは、農業に携わるアフリカの女性たちに、消費市場が、何を求めているか、自分たちの目で確かめ、何をつくれば売れるのか、常に考える発想を、身につけてもらうことでした。
 「作っても売れない」悩みは、「売れるものを作る」ことで、解消できます。村の、小さな市場(いちば)へ行って、何が売れ筋なのかを、女性たち自身に確かめてもらい、付加価値の高い、園芸品を、効率よくつくる方法です。
 それを、農民自身に考えさせるやり方は、いまでは「SHEP」(シェップ)と名がついて、我が国が、これから、10 カ国で推進していく雛形になりました。
 私は、「SHEP」もいいですが、いっそ「アイカワ」と呼び直してはいかがかと、ご提案致します。
 相川さん、私は承知しています。相川さんは、自分1 人がやったのではない、ケニア政府の人たち始め、たくさんの人に支えられたからだと、そう思っておいででしょう。でも、アフリカで働くことを、自分自身の喜びとするたくさんの日本人の代表として、お立ちいただきました。有難うございます。どうぞご着席ください。
 いまさら申すまでもなく、アフリカ発展にとって、すべての基礎をなすのが、アフリカの、平和と安定です。
 日本は今後一層、アフリカの、平和構築に、力を注ぎます。
 すでに、ジブチでは、海賊対策のために、そして南スーダンでは、国家建設の一助となるために、自衛隊の諸君が、本日も、奮闘しています。また、平和の定着支援や、開発・人道支援を強化し、平和の土壌を育みます。
 我が国が先頭を切って進めてきた「人間の安全保障」の取り組みに、今後とも力を緩めないのは言うまでもありません。
 最後に、日本は、終始一貫、アフリカとの、「真のパートナーシップ」を目指してきたことを述べようと思います。
 それは、ともに考えること、ともに働くことでした。
 ビジネスマンであれ、JOCV の若者であれ、アフリカで日本人は、まるで、日本の工場現場で、機械油を浴びにでも行くかのように、貧困や、困難の現場へ入っていくことを、喜びとしてきました。
 彼らが肉体で示した勤勉さ、清廉さ、規律や、礼節は、やがて揺るぎのない信頼を、アフリカの人々から、勝ち得るに至ったのです。
 アフリカで現在活動中の、734 人に上る、青年海外協力隊の皆さん、なかでも、399 名に上る、女性の隊員諸君、そしてNGO の皆さんに、私は、感謝と、激励を伝えたいと思います。この人たちこそは、わが外交の、王冠の宝石です。
 日本とアフリカは、いまや、「よきパートナー」であることさえ超え、より多く、「コ・マネジャー(共同経営者)」です。「コリーグ(同僚)」であって、「コ・ワーカー(仕事仲間)」なのです。互いに成長し合い、それによって、世界を成長させる仲間になりました。
 最後に、申し上げます。パートナーシップのさらなる強化へ向け、次回、5 年後のTICADを、アフリカで開くべしとする声が、上がっているのだと聞いています。しかし私は、5 年後まで到底待てません。
 できる限り早く、アフリカの地を踏むつもりであると、皆様の前で、申し上げたいと思います。
 より一層、ダイナミックなアフリカへ向け、ハンド・イン・ハンド、手に手を、携えて、いっしょに駆け抜けよう。アフリカの未来は、明るく、日本とパートナーシップを組むアフリカは、もっと明るいのである。
 このことを確かめ合って、終わりにします。有難うございました。
 ここで、私と共同で、議長を務めて頂く、アフリカ連合議長の、ハイレマリアム・エチオピア連邦民主共和国首相をご紹介いたします。それでは、ハイレマリアム共同議長、基調演説をお願いいたします。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.