国際交流基金アジアセンター事業諮問委員による表敬

平成27年3月31日
表敬を受け挨拶する安倍総理1 表敬を受け挨拶する安倍総理1
表敬を受け挨拶する安倍総理1
表敬を受け挨拶する安倍総理2 表敬を受け挨拶する安倍総理2
表敬を受け挨拶する安倍総理2

 平成27年3月31日、安倍総理は、総理大臣官邸で国際交流基金アジアセンター事業諮問委員による表敬を受けました。  

 総理は、挨拶の中で次のように述べました。

「本日は、『文化のWAプロジェクト』諮問委員の皆様、総理官邸へようこそお越しをいただきました。
 そして、本日は、アジアの友人の皆様にもお越しをいただきましたが、ベストなタイミングでお越しをいただいたと思います。東京は、ちょうど桜が満開でございまして、このタイミングというのは、年によって違うわけですが、皆様の訪日を図ったように今日が満開となりました。
 日本とASEAN諸国の心と心の絆を強くする『文化のWAプロジェクト』で、アドバイザーという大変重要な役割を担う皆様をお迎えできて大変嬉しく思います。
 『文化のWAプロジェクト』のスタートは、一昨年、2013年12月に、日・ASEAN友好協力40周年を記念して、東京で開催した日・ASEAN特別首脳会議に遡ります。
 私は、日本とASEAN各国が、友好協力の絆をさらに強くしていくために、次世代を担う若者達に文化を通じて、友情や信頼を育んで欲しい。その思いから、『文化のWAプロジェクト』を発表いたしました。
 この1年間で、『文化のWAプロジェクト』を通じて、日・ASEANの絆は確実に深まったと思います。例えば、ASEAN各国で日本語を教えるスタッフとして、日本語パートナーズ100名をタイ、フィリピン、インドネシア等に派遣いたしました。
 私も昨年9月、この官邸で日本語パートナーズ第1陣の出発を激励しました。また、スポーツや映画等、様々な分野での、双方向の芸術、文化交流事業も着実に進んでいます。
 『文化のWAプロジェクト』は、明日から2年目に入ります。2020年の東京オリンピック・パラリンピックも視野に入れながら、日本とASEANとの文化交流をますます活発化させたいと思います。
 この諮問委員会には、日本側の諮問委員会とASEAN側の諮問委員会と、それぞれ諮問委員会があるということが大きな特徴だと思っていますが、本日、委員の皆様はアジアでどのような文化的な交わりを進めるべきかを大いに議論していただいたと報告を受けております。委員の皆様には、今後も定期的に、それぞれ大変お忙しいでしょうが、ぜひ集まっていただきまして、プロジェクトをさらに意義深いものとしていくために御支援をいただきたいと思います。
 ASEANからわざわざ日本までお越しをいただきましたASEAN側の委員の皆様、そして、日本側の山内座長始め、委員の皆様に心から御礼を申し上げまして、私の御挨拶とさせていただきたいと思います。ありがとうございました。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日