本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成27年6月5日観光立国推進閣僚会議

  • 写真:発言する安倍総理1
  • 写真:発言する安倍総理2
発言する安倍総理1の写真を表示 発言する安倍総理2の写真を表示

 平成27年6月5日、安倍総理は、総理大臣官邸で第5回観光立国推進閣僚会議を開催しました。
 
 本日の会議では、「観光立国実現に向けたアクション・プログラム2015」(案)について意見交換が行われた後、総理は次のように述べました。
 
「訪日外国人旅行者は、昨年までの2年間で500万人増え、年間1,300万人を超えました。今年に入ってからも前年比で4割以上増えています。
 この流れを一過性に終わらせることなく、全国津々浦々に観光客を呼び込むため、本日アクション・プログラムを決定しました。その中で、来るべき『2,000万人時代』を万全の備えで迎えるため、CIQの体制を強化します。また、商店街などの免税店化を進め、現在6千店余りの地方部の免税店を、2020年に2万店規模に拡大します。さらに、観光の『稼ぐ力』を高め、昨年2兆円だった外国人観光客の消費額を、訪日2,000万人の年に4兆円に倍増いたします。
 先日視察した和歌山県の高野山や熊野大社では、地元の皆さんが外国人観光客のニーズにきめ細かく対応することで、大きな効果を上げておられました。こうした取組も参考にしながら、全国各地で通訳ガイドの増強、観光協会の営業力強化などの政策を進め、『再び訪れたくなる観光地づくり』を実現します。
 今後もアクション・プログラムについて、毎年見直しを行いながら、全力で取り組んでまいりますので、関係閣僚の御協力をよろしくお願い申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.