経済財政諮問会議・産業競争力会議合同会議

平成27年6月30日
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 平成27年6月30日、安倍総理は、総理大臣官邸で平成27年第11回経済財政諮問会議・第23回産業競争力会議合同会議を開催しました。

 会議では、「経済財政運営と改革の基本方針2015」、「『日本再興戦略』改訂2015」について議論されました。

 安倍総理は、会議での議論を踏まえ、次のように述べました。

「本日、こうして、骨太方針2015と成長戦略改訂案をおまとめいただき、心から感謝申し上げたいと思います。
 安倍政権の基本方針は『経済再生なくして財政健全化なし』であります。我が国経済はマクロ面・ミクロ面ともに、およそ四半世紀ぶりの良好な状況に達しつつあります。この好機を逃すことなく、経済・財政一体改革を不退転の決意で断行していく考えです。今後、甘利大臣には、関係大臣とも協力して骨太方針の具体化に取り組んでいただきたいと思います。
 安倍内閣の成長戦略は第二のステージに入ります。新たなる課題、供給制約を克服するため、未来への投資を行い、イノベーションを引き起こし、生産性革命を実現しなければなりません。また、サイバーセキュリティを抜本的に強化した上で、ITをあらゆる経済社会システムに組み込むことによって産業を変革します。さらに、大学改革、働き方改革によって、未来を切り開くための人材を生み出していきます。加えて、岩盤規制改革を成就させることにより、我が国の構造改革を進めることで、国内外からの投資を更に拡大していかなければなりません。
 議員各位におかれましては、正に情熱と時間と労力をつぎ込んでいただきますことに重ねて御礼を申し上げたいと思いますが、今後ともアベノミクスを強化・深化させていくために御協力いただきたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日