教育再生実行会議

平成27年7月8日
第8次提言書の手交 第8次提言書の手交
第8次提言書の手交
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 平成27年7月8日、安倍総理は、総理大臣官邸で第31回教育再生実行会議を開催しました。

 会議では、「第8次提言」が手交されました。

 総理は、提言を受け取った後の挨拶で、次のように述べました。

「本日は、教育再生実行会議の第8次の提言を取りまとめていただいたことに感謝を申し上げたいと思います。
 教育は未来への先行投資であり、教育再生なくして我が国の成長はありません。今回の提言では、教育投資の重要性を客観的に明らかにし、将来的には税により社会全体で教育費を支える必要性も含め、財源にまで踏み込んで方針を決めていただきました。
 今後は、下村大臣が中心となって、これまでの制度の見直しや民間資金の活用等により財源を確保し、幼児教育の段階的無償化、大学生等の教育費負担の軽減を進める等、国民的な理解の醸成にも努めながら、提言内容を実行に移していただきたいと思います。
 本会議の審議は、これで一区切りとなりますが、委員の皆様には引き続きフォローアップを、このフォローアップが極めて重要でございます。8次まで提言を重ねていただいた。これほど提言を重ねてきた会議というのはあまりなかったと思いますが、正に提言を出していただくのは皆様の役割でありますが、それを実行するのは、政治行政の責任であります。本当にちゃんと提言を実行しているのかということを、皆さんに厳しくフォローアップをしていただきながら、もし、これはなかなか前に進んでいないのではないかということがあれば、どしどし鞭をいただきたい。どんどんそのようにフォローアップをよろしくお願いをいたします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日