市町村長との懇談会

平成27年7月8日
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 平成27年7月8日、安倍総理は、総理大臣官邸で市町村長との懇談会に出席しました。

 総理は、冒頭の挨拶で、次のように述べました。

「本日は、昨年に引き続き、本懇談会を開催させていただきましたところ、全国から市町村長の皆様にお越しいただき、感謝申し上げたいと思います。
 安倍内閣の『三本の矢』の経済政策は、着実に成果をあげ、地方においても、有効求人倍率の改善や税収の増加など、明るい動きが出てきています。今年は『地方創生元年』であります。地方創生を深化させることで、さらに、全国津々浦々にアベノミクスの効果を波及させ、国民一人一人が豊かさを実感できるよう取り組んでまいります。
 先月末、『まち・ひと・しごと創生基本方針2015』を策定し、意欲ある地方の創意工夫を全力で応援するため、来年度『新型交付金』を創設する等の支援策を決定いたしました。これにより、今年度中に地方自治体が策定する『地方版総合戦略』の実施を強力に支援してまいります。地域にはたくさんの宝物があると私は思っています。美しい自然、豊かな伝統や文化、優れた人材や知恵があり、大きな可能性を秘めている。それが皆さんの地方であります。こうした地方の声に徹底して耳を傾ける。これが安倍内閣の基本姿勢であります。
 昨年度、地方から具体的な提案を数多くいただき、長年の大懸案であった『農地転用許可権限の地方自治体への移譲』を始め、様々な現場の課題解決を実現してまいりました。今年度も、334件と多くの提案をいただいていますが、これらを実現すべく、引き続き強力かつ着実に改革に取り組んでまいります。
 市町村長の皆様は、住民の最も身近な代表として、地方自治の最前線で、地域の先頭に立って、御尽力されておられます。こうした皆様方から、直接、御意見を伺う機会を今日こうして持てたことを本当に嬉しく思います。本日は、短い時間ではありますが、忌憚のない御意見をいただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日