農林水産業・地域の活力創造本部

平成27年11月25日
発言する安倍総理1 発言する安倍総理1
発言する安倍総理1
発言する安倍総理2 発言する安倍総理2
発言する安倍総理2

 平成27年11月25日、安倍総理は、総理大臣官邸で第17回農林水産業・地域の活力創造本部を開催しました。

 会議では、「農林水産分野におけるTPP対策」について議論が行われました。

 総理は、会議での議論を踏まえ、次のように述べました。

「真剣かつ熱心な議論を経て取りまとめられた与党の提言を踏まえ、本日『農林水産分野におけるTPP対策』を決定することができました。
 これにより、農林水産政策は『農政新時代』とも言うべき新たなステージを迎えました。
 TPPを『攻めの農林水産業』に切り替えるチャンスにしてまいります。このため、体質強化・生産性の向上、付加価値の向上など、農林水産業の成長産業化に必要な対策を、集中的に講じてまいります。
 長らく日本の農業を支えてきた重要5品目。これを生産する農業者の皆さんが、将来にわたって安心して経営を営めるよう、経営安定対策を確実に実施してまいります。
 今後も、与党と緊密に連携しつつ、農林漁業者の不安に寄り添いながら、意欲ある生産者が安心して再生産に取り組むことができるよう、政府全体で責任を持って対応してまいります。
 これまで安倍内閣で進めてきた農政改革、そして、今回の新たな対策により、農林水産業を、若者が自らの情熱で新たな地平を切り開いていける、そういう夢のある分野にしていく決意でありますのでよろしくお願いいたします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日