本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成28年2月21日宮城県下訪問

メイン画像:塩釜水産物仲卸市場を視察する安倍総理1

塩釜水産物仲卸市場を視察する安倍総理1

  • サムネイル:塩釜水産物仲卸市場を視察する安倍総理1
  • サムネイル:塩釜水産物仲卸市場を視察する安倍総理2
  • サムネイル:集会所内で参加者とジャンボ海苔巻きを作成する安倍総理
  • サムネイル:かき剥き作業を視察する安倍総理
  • サムネイル:女川町の新駅舎屋上展望デッキで町長から復興状況の説明を受ける安倍総理
  • サムネイル:フューチャーセンターを視察する安倍総理
  • サムネイル:女川電化センターを視察し激励する安倍総理
  • サムネイル:キャンドルを作成する安倍総理

塩釜水産物仲卸市場を視察する安倍総理2

集会所内で参加者とジャンボ海苔巻きを作成する安倍総理

かき剥き作業を視察する安倍総理

女川町の新駅舎屋上展望デッキで町長から復興状況の説明を受ける安倍総理

フューチャーセンターを視察する安倍総理

女川電化センターを視察し激励する安倍総理

キャンドルを作成する安倍総理

 平成28年2月21日、安倍総理は、宮城県を訪問しました。

 総理は、塩竈市で塩釜水産物仲卸市場の朝市を視察しました。その後、石巻市で新蛇田地区災害公営住宅・防災集団移転宅地及びかき生産者を視察しました。さらに、女川町で中心部地区復興土地区画整理事業を視察しました。

 視察後、総理は次のように述べました。

「まず、被災地それぞれの地域には、それぞれの地域の事情や課題があります。そうした課題に対応しながら、復興を進めていく必要があると考えています。
 今日は、塩竈、石巻、そして女川の被災地を訪問いたしました。塩竈では、だんだん漁獲量も増え、そして、観光客も増えてきているという話を伺いました。そしてまた、石巻では、漁業の6次産業化を進めていく中において、生産性を上げながら生産者の収入を上げていく。そういう新たな努力、試みも進んでいるということをお話を伺い、またそれが進んでいるなと実感いたしました。女川については、以前訪問した時は、全く模型しかなくて、ほとんど建物の姿は見えなかったのでありますが、その女川の夢であった模型の姿がだんだん形になりつつある。そしてまた、東京や都市部からも若い人たちがやってきて、自分たちの考えや力を活かしたい。そういう動きも出てきていると、大変心強く思いました。
 これからもできる限り被災地を訪問しながら、それぞれの地域、ニーズに合った対応、復興をしっかりと進めていきたいと思います。そしてまた、指定廃棄物の処分場の問題については、まずはしっかりと住民の皆さんの声に耳を傾けていくことが大切であろうと思います。これからも、解決していくためにしっかりと努力を重ねていきたいと思います。」

 また、2月26日、27日に中国・上海で開催されるG20の財務相・中央銀行総裁会議についての質問に対し、総理は次のように述べました。

「G20の財務相会議においては、例えば中国の過剰設備等の構造問題、あるいはまた、米国の金融、そしてあるいは原油の変動が経済に与える影響等について、幅広い率直な議論をしてもらいたいと思っています。日本はG7の議長国として、世界経済の成長、安定のために、議論をリードしていきたいと思っています。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.