本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成28年3月2日国家戦略特別区域諮問会議

メイン画像:発言する安倍総理1

発言する安倍総理1

  • サムネイル:発言する安倍総理1
  • サムネイル:発言する安倍総理2

発言する安倍総理2

 平成28年3月2日、安倍総理は、総理大臣官邸で第20回国家戦略特別区域諮問会議を開催しました。

 会議では、規制改革事項の追加等について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「本日、民間有識者の皆様や関係大臣の協力により、国家戦略特区における『追加の規制改革メニュー』を取りまとめることができました。今月末までの2年間の集中取組期間の集大成であります。
 具体的には、農業の担い手不足や耕作放棄地の解消を図ろうとする特区で、企業が自治体を経由して農地を取得できるようになります。
 観光客が、過疎地等における交通手段として、自家用自動車による有償の運送サービスを利用できるようになります。
 訪日外国人観光客の体験ニーズに対応するため、日本のファッション、デザイン、アニメ、食などを学びに来た留学生が、日本で就労可能となる条件を明確化いたします。
 本日の取りまとめに沿って、早急に法案化の作業を進め、国家戦略特区の改正法案をこの国会に提出いたします。法律以外の制度は、年度内を目途に、速やかに実施いたします。
 安倍政権の規制改革に終わりはありません。私が先頭に立って、今後とも、国家戦略特区によって規制改革の突破口を大胆に開いてまいります。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.