本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成28年3月24日「北方領土を考える」高校生弁論大会の受賞者による表敬

メイン画像:表敬を受ける安倍総理1

表敬を受ける安倍総理1

  • サムネイル:表敬を受ける安倍総理1
  • サムネイル:表敬を受ける安倍総理2
  • サムネイル:表敬を受ける安倍総理3

表敬を受ける安倍総理2

表敬を受ける安倍総理3

 平成28年3月24日、安倍総理は、総理大臣官邸で第30回「北方領土を考える」高校生弁論大会で最優秀賞及び優秀賞を受賞した高校生による表敬を受けました。

 この弁論大会は、次代を担う高校生たちに北方領土問題や返還要求運動に対する関心をもってもらい、国民世論のより一層の高揚を図るため、北海道の高校生を対象に開催されており、今年は1月23日に札幌市で開催されました。

 総理は挨拶の中で次のように述べました。

「最優秀賞と優秀賞を受賞され、おめでとうございます。
 北方領土の返還、そして領土問題を解決をして日露の平和条約を締結する。これは日本人にとって悲願ですし、元島民の皆様も段々お歳をとられる中で、なんとか皆さんが元気な間に、我が国の正に悲願を実現させたいと思っています。その中におきまして、若い皆さんが、この四島の問題について、しっかりと議論していただき、あるいは様々なアイデアを出していただき、本当に嬉しく思いました。
 若い皆さんがそうした思いを受け継いでいっていただくことが、問題の解決には不可欠でありまして、是非皆さんにも、今後もこの受賞を機に頑張ってもらいたいと思います。おめでとうございました。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.