本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年4月22日平成28年(2016年)熊本県熊本地方を震源とする地震非常災害対策本部会議

  • 写真:発言する安倍総理1
  • 写真:発言する安倍総理2
発言する安倍総理1の写真を表示 発言する安倍総理2の写真を表示

 平成28年4月22日、安倍総理は、総理大臣官邸で「平成28年(2016年)熊本県熊本地方を震源とする地震非常災害対策本部会議」(第13回)に出席しました。

 会議では、被害状況及び各省庁の対応状況についての報告・議論が行われました。

 総理は、本日の報告・議論を踏まえ、次のように述べました。

「被災地では、依然として断続的に地震が続いており、引き続き隊員の安全確保を図りながら、いまだ連絡が取れない方の捜索に当たっていただきたいと思います。
 ライフラインの復旧は、停電は概ね解消されるなど、徐々に改善が見られますが、いまだに『水が出ない』、『ガスが使えない』などといった声もあります。全ての被災者の方々が、一日も早くトイレやお風呂を利用することができるよう、引き続き復旧作業に全力を挙げていただきたいと思います。
 本日、八代港に宿泊が可能なフェリーが到着し、明日早速、第一弾として260名の被災された方々を受け入れます。避難所や自動車の中での不自由な状態が長期化しており、食事や入浴はもとより、被災された皆さんが少しでも休息をとっていただく場所として、活用していただければと思います。多くの方々に順番に御利用していただくため、当面、一泊二日といたしました。
 住環境が整備されるまでの間、旅館・ホテルの活用も含め、被災自治体と連携し万全の対応を進めてください。安心して過ごすことができる住まいの確保については、仮設住宅の準備を急ぐ必要があります。被災自治体と一体となって、できるだけ早く被災された方々の意向等をしっかりと伺い、それに見合った施設を作るために必要な用地を確保する取組を加速化させていただきたいと思います。
 明日、私自身が被災地を視察する予定です。現場の状況を私自身の目で確かめ、そして被災された方々お一人お一人からお話を伺い、そしてその思いを受け止めながら、一日も早い復旧・復興に向けて取組を充実、加速させていきたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.