本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成29年2月21日国家戦略特別区域諮問会議

  • 発言する安倍総理1
  • 発言する安倍総理2
発言する安倍総理1 発言する安倍総理2

 平成29年2月21日、安倍総理は、総理大臣官邸で第28回国家戦略特別区域諮問会議を開催しました。

 会議では、区域計画の認定及び規制改革事項の追加等について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「本日は、ゴーン日産自動車会長始め皆様から、自動走行、あるいはドローンといった近未来技術への取組についてお話を伺いました。その中で、特区での実証実験に対する皆様の大きな期待を感じたところであります。
 他方、特区ですら多くの煩雑な規制や手続が存在していることも事実であります。
 技術革新が規制制度に阻害されないよう安全性を確保しつつ、事前規制や手続を抜本的に見直す『サンドボックス制度』を創設し、そして自動走行やドローンなどの分野で、先行して導入していきます。
 今国会に提出する改正特区法案に『サンドボックス』を盛り込みます。世界一を目指す挑戦者である皆様には、世界一自由度の高い環境を目指す場で、イノベーションを爆発させていただきたいと思います。
 加えて、今回の法案には多様な専門性を有する外国人材の受入れなど、インバウンド対応や競争力強化のための項目、子育ての環境を改善するための項目を盛り込んでおります。
 関係大臣には、本日の取りまとめに沿って、法案の最終調整を進めていただくようにお願いいたします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.