本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年5月17日日・ニュージーランド首脳会談等

  • 写真:握手を交わす両首脳
  • 写真:イングリッシュ・ニュージーランド首相を出迎える安倍総理
  • 写真:儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう1
  • 写真:儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう2
  • 写真:日・ニュージーランド首脳会談
  • 写真:文書交換式
  • 写真:共同記者発表
  • 写真:総理夫妻主催晩餐会で挨拶する安倍総理
  • 写真:総理夫妻主催晩餐会で大会記念ボールを渡す安倍総理
握手を交わす両首脳の写真を表示 イングリッシュ・ニュージーランド首相を出迎える安倍総理の写真を表示 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう1の写真を表示 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう2の写真を表示 日・ニュージーランド首脳会談の写真を表示 文書交換式の写真を表示 共同記者発表の写真を表示 総理夫妻主催晩餐会で挨拶する安倍総理の写真を表示 総理夫妻主催晩餐会で大会記念ボールを渡す安倍総理の写真を表示

 平成29年5月17日、安倍総理は、総理大臣官邸でニュージーランドのビル・イングリッシュ首相と首脳会談等を行いました。

 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょうに続き、両首脳は会談を行い、その後、文書交換式及び共同記者発表を行いました。

 最後に、総理は、総理大臣公邸で晩餐会を開催し、挨拶の中で次のように述べました。

「イングリッシュ首相、そしてメアリー夫人の訪日を心から歓迎いたします。ニュージーランドといえばもちろんラグビーです。言わずと知れた世界最強のニュージーランド代表チーム、オールブラックスはワールドカップ2連覇中であります。先週私は京都に赴きまして、2019年、東京で開催されるラグビーワールドカップのプール組分け抽選会に出席いたしました。そこで私もボールをひいたのでありますが、私がただ一つ念じたことは、頼むからニュージーランドとは同じ組にしないでくれ、ということでありました。願いが天に通じたのか分かりませんが、日本とニュージーランドは別の組になりました。まだワールドカップまで2年あります。日本代表チームがますます練習に励み、そしてできればニュージーランドとは決勝戦で相まみえたいと思います。先ほどニュージーランド首相から、来年、オールブラックスを日本に派遣するという大変うれしいお話がございました。是非来年、決勝戦の前哨戦としたいと思っております。
 御自身もラガーマンのイングリッシュ首相と、共に決勝戦を観戦できることを祈念して、大会記念ボールをお渡しいたします。
 日本とニュージーランドの間の人と人との交流も非常に活発であります。日本からは年間10万人がニュージーランドを訪れます。ロード・オブ・ザ・リング、ラストサムライといった映画のロケが行われた場所、いわゆる映画の聖地を訪れる日本人も多く、留学生も1万人います。ニュージーランドでは、2万人以上が日本語を学んでいます。毎年250人の若者がJETプログラムで訪日し、英語教育や文化交流で活躍しています。こうした活発な人的交流が両国の強い絆の基礎となっていることは喜ばしい限りであります。
 本日の晩餐会には、両国のかけがえのない友好関係を政治、経済、学術、スポーツなど多方面から支えておられるリーダーの方々を御招待いたしました。皆様のおかげで今日の両国の関係があります。この場をお借りして感謝申し上げるとともに、更なる関係の発展に向けて引き続きお力添えを頂ければ幸いであります。
 それではイングリッシュ首相御夫妻、御列席の皆様の一層の御健勝と御発展、日本とニュージーランドのパートナーシップの更なる発展を祈念して杯を上げたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.