人命救助内閣総理大臣感謝状授与式

平成29年7月18日
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
感謝状を授与する安倍総理1 感謝状を授与する安倍総理1
感謝状を授与する安倍総理1
感謝状を授与する安倍総理2 感謝状を授与する安倍総理2
感謝状を授与する安倍総理2
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 平成29年7月18日、安倍総理は、総理大臣官邸で、自らの危険を顧みず人命救助に尽力された方々に対して内閣総理大臣感謝状を授与しました。

 総理は、挨拶の中で次のように述べました。

「人命救助に関する感謝状の授与に当たり、一言御挨拶申し上げます。まず、本日、受賞された皆様に、心から感謝を申し上げたいと思います。
 皆さんは、偶然、遭遇された事故現場で、自らも命を落とす危険を顧みず、貴重な人命、未来ある幼い命を救われました。こうした現場に遭遇した際、咄嗟(とっさ)の判断で行動を起こすことは、実際にはなかなかできることではありません。
 皆さんの勇気と行動力に、内閣総理大臣として心から敬意を表します。私たちの社会は、皆さんのような、他者を思いやる勇気ある人々によって支えられている。皆さんを前に、そのことを改めて認識しているところです。
 残念ながら、毎年、火災や水難事故など不慮の事故で、4万人近くもの方々が亡くなっています。政府としても、こうした事故で亡くなる方を一人でも減らすため、引き続き火災予防や水難防止等の様々な対策に、強力に取り組んでまいります。
 結びに、受賞者の皆さんにおかれましては、今後も、それぞれの地域、立場で、引き続き御活躍されますことを御祈念いたしまして、私の御挨拶とさせていただきます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

総理の一日