本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年12月5日平成29年度「障害者週間」関係表彰式

  • 写真:挨拶する安倍総理1
  • 写真:挨拶する安倍総理2
  • 写真:挨拶する安倍総理3
  • 写真:表彰状を授与する安倍総理1
  • 写真:表彰状を授与する安倍総理2
  • 写真:表彰状を授与する安倍総理3
  • 写真:最優秀賞の作品朗読を聞く安倍総理
挨拶する安倍総理1の写真を表示 挨拶する安倍総理2の写真を表示 挨拶する安倍総理3の写真を表示 表彰状を授与する安倍総理1の写真を表示 表彰状を授与する安倍総理2の写真を表示 表彰状を授与する安倍総理3の写真を表示 最優秀賞の作品朗読を聞く安倍総理の写真を表示

 平成29年12月5日、皇太子同妃両殿下御臨席の下、安倍総理は、都内で開催された平成29年度「障害者週間」関係表彰式を開催しました。

 総理は、挨拶で次のように述べました。

「皇太子同妃両殿下の御臨席を仰ぎ、平成29年度『障害者週間』関係表彰を実施するに当たり、主催者として御挨拶を申し上げます。
 本日は、障害の有無に関わらず、お互いに人格と個性を尊重し支え合い、誰もが生き生きと活躍して、自分らしい人生を享受できる共生社会の実現に向けて、障害や障害者に対する国民の理解の促進、福祉の向上に取り組んでこられた皆様の御功績を讃(たた)え、表彰させていただくことを大変喜ばしく感じております。
 本日表彰されます方々の作文、ポスターは障害を持つ家族に対する愛情や、御自身の持つ障害と正面から向き合う勇気、そこから生まれる新たな発見や成長などをいずれも率直に表現されたすばらしいものばかりであり、私自身、強く胸を打たれました。
 また、功労者表彰を受けられる方々は長年、それぞれの分野で障害者の立場に立ち、障害者の福祉の向上に向け、一つ一つ誠実にその功績を積み重ねてこられました。自ら、障害者の自立した社会参加の模範、障害者施策の礎となってこられた皆様の御努力と御貢献に改めて深く敬意を表します。
 本表彰により、障害や障害者に対する国民全体の理解が、一層促進されますことを強く期待しております。政府としても、共生社会の実現に引き続き全力で取り組んでまいることをお約束申し上げるとともに、皆様方の御健勝、ますますの御活躍を祈念申し上げ、私からの挨拶とさせていただきます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.