本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年12月26日再生可能エネルギー・水素等関係閣僚会議

  • 写真:発言する安倍総理1
  • 写真:発言する安倍総理2
  • 写真:発言する安倍総理3
発言する安倍総理1の写真を表示 発言する安倍総理2の写真を表示 発言する安倍総理3の写真を表示

 平成29年12月26日、安倍総理は、総理大臣官邸で第2回再生可能エネルギー・水素等関係閣僚会議に出席しました。

 会議では、水素基本戦略(案)の策定、再生可能エネルギー導入拡大に向けた関係府省庁連携アクションプラン進捗状況、福島新エネ社会構想進捗状況報告について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「水素エネルギーは、イノベーションによってエネルギー安全保障と温暖化問題を解決する切り札となるものです。本日決定した基本戦略は、水素を新たなエネルギーの選択肢として、日本が世界の脱炭素化をリードしていくための、言わば道しるべであります。
 基本戦略に掲げた施策を速やかに実行に移してください。その先駆けである福島新エネ社会構想は、既に動き始めています。浪江町(なみえまち)では、この夏から、再生可能エネルギーを利用し、世界最大級CO2排出ゼロの水素製造プロジェクトが始まりました。2020年には、このクリーンな福島産の水素を東京オリンピック・パラリンピックに活用することで、復興五輪として、新しい福島の復興の姿を世界に発信していきます。
 日本が世界をリードして水素社会を実現する。その決意の下に、世耕大臣を始め、関係大臣は、基本戦略に沿って政府一丸となって取り組んでください。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.