本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成30年4月14日米英仏によるシリアへの攻撃についての会見(2)

  • 写真:会見する安倍総理
会見する安倍総理の写真を表示

 平成30年4月14日、安倍総理は総理大臣官邸で会見を行いました。

 総理は、米英仏3か国によるシリアへの攻撃について、次のように述べました。

「先ほど、四大臣会合を行い、シリアの情勢について分析いたしました。
 化学兵器の使用は極めて非人道的であり、我が国として断じて容認することはできません。化学兵器の拡散、使用は、決して絶対に許さないとの米国、そして英国、フランスの決意を日本政府として支持いたします。その上で今回の3か国の行動は事態のこれ以上の悪化を防ぐための措置と理解しております。
 東アジアにおいても、核、生物化学兵器といった大量破壊兵器の脅威が深刻さを増しています。強固な日米同盟の下、国際社会と連携、協力をしながら地域の平和と安定の維持のために日本が果たすべき役割を果たしていく考えであります。」

「今後もしっかりと情報分析を進め、そして米国はもちろんでありますが、英国、フランスともよく連携をしていくようにという指示を出しております。直ちに電話会談を行う予定はございません。
 いずれにせよ、来週訪米いたしまして日米首脳会談を行います。その際にも、このシリアの問題等についても、中東の問題についても話をしていきたいと思っています。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.