経済財政諮問会議

令和2年7月8日
発言する安倍総理1 発言する安倍総理1
発言する安倍総理1
発言する安倍総理2 発言する安倍総理2
発言する安倍総理2
発言する安倍総理3 発言する安倍総理3
発言する安倍総理3

 令和2年7月8日、安倍総理は、総理大臣官邸で令和2年第10回経済財政諮問会議を開催しました。

 会議では、「選択する未来2.0」中間報告及び骨太方針の原案について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「本日は、骨太方針の原案について議論を行いました。今年の骨太方針は、新型コロナウイルス感染症の流行により世界的な時代の転換点にあって、この数年間で思い切った社会変革を実行していくか否かが我が国の未来を左右するとの切迫した危機感に基づいた原案となっています。我が国の未来に向けた新たな経済社会の姿として、新たな日常の確立を通じた質の高い経済社会の実現を目指してまいります。
 今年は異例な局面にあります。この骨太方針を、コンパクトに、メッセージ性の強い形で取りまとめ、内閣の経済財政政策の基本方針とすべく、西村大臣におかれては、各府省及び与党と連携して策定作業に注力していただきたいと考えます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日