本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年11月14日イラン・イラク国境で発生した地震を受けた安倍内閣総理大臣によるフアード・マアスーム・イラク共和国大統領及びハイダル・アバーディー・イラク共和国首相宛てお見舞いメッセージ

  1. この度イラクにおいて発生した地震では、イラクの多くの国民が被災され、尊い人命が失われたとの報に接しており、大変心を痛めています。

  2. 日本国政府及び日本国民を代表して、亡くなられた方々の御家族に対して深くお悔やみを申し上げるとともに、被災者の皆様に心からのお見舞いを申し上げます。

  3. 2011年に発生した東日本大震災に際してはイラクから数々の支援やお見舞いを賜りましたが、これまで両国は自然災害等の発生に際してお互い支え合ってきました。イラクで進む復興に向けた歩みを後押しするために、我が国としてはイラクに緊急物資の援助等の支援を行う用意があります。

  4. 被災者支援活動が円滑に進み、イラク国民の皆様に1日も早く安寧が戻ることをお祈りします。

平成29年11月14日
日本国総理大臣
安倍晋三

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.