規制改革推進会議 議長・座長会合

令和2年10月7日
発言する菅総理1 発言する菅総理1
発言する菅総理1
発言する菅総理2 発言する菅総理2
発言する菅総理2
発言する菅総理3 発言する菅総理3
発言する菅総理3

 令和2年10月7日、菅総理は、総理大臣官邸で第1回規制改革推進会議 議長・座長会合に出席しました。

 会議では、当面の審議に向けて議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「本日、委員の皆様方から、多数の貴重な御意見を頂きました。新型コロナウイルスや規制のデジタル化への対応、地方を含めた経済活性化、いずれも重要な課題であると思っています。特に、オンライン診療・服薬指導、オンライン教育は、デジタル時代において最大限その活用を図るべきものだと思います。デジタルの持つ可能性を十分に発揮し、改革を進めていただきたいと思います。
 また、行政手続では、書面・押印・対面主義の見直しを抜本的に進めています。既に、押印は原則廃止の方針を河野大臣が表明いたしました。その方針を前提として、近日中に、全省庁において全ての行政手続の見直し方針、このことをまとめていただきたいと思っています。加えて、民間同士の手続のデジタル化を進めるに当たって、例えば、取引の際に書面の交付義務、資格を持つ者の常駐義務など、規制がデジタル化を阻むことのないよう、抜本的な見直し、ここも進めていきたいと思います。さらに、規制改革・行政改革ホットラインに寄せられた国民からの提案によく耳を傾けて、できるものから、すぐに改革につなげていきたい、このように思います。
 また、行政の縦割り、既得権益、悪しき前例主義を打ち破って、規制改革を全力で進めるために、各省庁が自ら規制改革を進めることが必要であると思います。河野大臣を中心に、デジタル改革担当大臣、また規制や制度を所管する関係大臣は、よく連携して大胆な規制改革を進めていただくようにお願いしたい、このように思います。
 また、小林議長を始め委員の皆様には、こうした規制改革を実現すべく、御議論を頂き、また御意見を賜りたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。」

関連動画

 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日