国と地方の協議の場

令和2年10月13日
挨拶する菅総理1 挨拶する菅総理1
挨拶する菅総理1
挨拶する菅総理2 挨拶する菅総理2
挨拶する菅総理2
挨拶する菅総理3 挨拶する菅総理3
挨拶する菅総理3
挨拶する菅総理4 挨拶する菅総理4
挨拶する菅総理4

 令和2年10月13日、菅総理は、総理大臣官邸で令和2年度第2回国と地方の協議の場に出席しました。

 会議では、地方創生及び地方分権改革の推進及び新型コロナウイルス感染症対策について協議が行われました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

「地方6団体の代表の皆さんには、御出席いただきまして、ありがとうございます。また、日々、新型コロナウイルス感染症対策に御尽力いただいておりますことに、心から感謝と御礼を申し上げる次第でございます。
 『活力ある地方を創る』これは菅内閣の最も重要な政策の一つです。地方の所得を向上させて、地方の消費を活性化させることは、日本全体を元気にするために不可欠であると考えます。活力ある地方を創るべく、全力で国としても連携して支援をしていきたい。このように思います。
 また、新型コロナウイルス感染症については、まず、爆発的な感染を絶対に防いで、国民の命と健康を守り、その上で、感染対策と社会経済活動の両立を図っていかなければならないと思っています。そのために、引き続き、あらゆる対策を講じてまいりたいと思います。
 今回は、菅内閣として最初の国と地方の協議の場です。地方に関わる重要政策課題については、国と地方が心を一つにして、連携して取り組んでいくことが大事だと思っています。本日は忌憚(きたん)のない御意見を賜りますように、お願いいたします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日