「アジアの価値観と民主主義」シンポジウム

令和2年12月21日
挨拶する菅総理 挨拶する菅総理
挨拶する菅総理

 令和2年12月21日、菅総理は、都内で開催された「アジアの価値観と民主主義」シンポジウムに出席しました。

 菅総理は、挨拶で次のように述べました。

「『アジアの価値観と民主主義』シンポジウムの開会に当たり、御挨拶を申し上げます。
 2014年、日印首脳の共同提案で始まった本シンポジウムは、本年で6回を数えます。今回はオンラインを活用した開催となり、モディ首相はビデオメッセージを寄せて下さいました。日本として、世界最大の民主主義国家であるインドとの協力で実現したこの取組が、着実に回を重ねてきていることを大変うれしく思います。
 古来、アジアでは多様な価値観が育まれてきました。仏教・ヒンドゥー教の慈悲、儒教の仁、イスラム教の寛容、さらには日本における和の精神。これらには共通する、多様性や寛容性を養い、尊重する考え方があります。アジアにおける民主主義は、こうした精神的伝統の上に深く広く根付き、そして発展してまいりました。
 昨年はガンジー生誕150年という記念すべき年でした。暴力を否定しながら民主主義の実現に尽力したガンジーは、真の民主主義の精神を育てるためには、非寛容であってはならない、と強く訴えました。また彼は、民主主義とは強き者と同じ機会を弱き者にも与える仕組みだ、こうも強調しました。
 私自身も雪深い秋田の農家に生まれ、地縁も血縁もない、正にゼロからのスタートで政治の世界に飛び込みました。その当初から胸にあるのは、一人一人が持てる可能性をいかんなく発揮できる社会を実現したいという思いであります。個人の違いが尊重され、平等に機会が与えられてこそ、こうした社会が実現できる、このように確信いたしております。
 アジア各国には、私と同じような思いで、国家の発展のために努力を重ねてきた仲間がたくさんいると思っています。本日は、シリセーナ前スリランカ大統領から基調講演を頂きます。同氏は、スリランカにおいて、言葉や宗教の違いを乗り越え、国民和解の実現、民主主義の定着に取り組んでこられました。また、10月に私が訪問したインドネシアでも、幾多の困難を乗り越え民主主義を確立した歴史を持ち、今や、バリ民主主義フォーラムを通じて、各国の民主化の進展にも貢献をしております。これらを含むアジア各国の経験が物語るのは、民主主義の定着には様々な歴史や文化的背景があること。そして、民主主義を育てていくためには長い時間を要するということです。日本はこれまで、そうした背景を踏まえながら、選挙監視団の派遣や、人材育成などを通じて、民主主義の土台作り、その定着のための支援を積極的に行ってきました。今後とも、各国に寄り添い、共にアジアにおける民主主義の発展に取り組んでいきたい、そのように考えます。
 本日のシンポジウムでは、オリンピック・パラリンピックにおける多様性と寛容性をテーマに、差別のない公正な大会の実現に尽力されている皆様からも貴重な御経験をお話しいただけると伺っております。オリンピック・パラリンピックは、多様性を認め、誰もが能力を発揮し活躍できる場であるべきです。私は来年の夏、人類がウイルスに打ち勝った証として、そのようなオリンピック・パラリンピックを、ここ東京にて開催する決意です。安全・安心な大会に向けてしっかり準備をしてまいります。
 アジアの価値観、そして民主主義に関する有意義な議論を通じて、このシンポジウムが、相互理解と多様で寛容な共生社会の実現に大きく貢献することを祈念して、私の挨拶にさせていただきます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

総理の一日