デジタル庁発足式

令和3年9月1日
写真撮影に臨む菅総理1 写真撮影に臨む菅総理1
写真撮影に臨む菅総理1
訓示を行う菅総理1 訓示を行う菅総理1
訓示を行う菅総理1
訓示を行う菅総理2 訓示を行う菅総理2
訓示を行う菅総理2
訓示を行う菅総理3 訓示を行う菅総理3
訓示を行う菅総理3
写真撮影に臨む菅総理2 写真撮影に臨む菅総理2
写真撮影に臨む菅総理2

 令和3年9月1日、菅総理は、総理大臣官邸で、オンラインで開催されたデジタル庁発足式に出席し、訓示を行いました。

 総理は、訓示で次のように述べました。

「本日、平井大臣のリーダシップの下に、デジタル庁の発足を迎えることができ、大変嬉(うれ)しく思っております。石倉デジタル監を始め、約600人の皆さんに参画いただきました。デジタル庁の船出に当たり、私から御挨拶をさせていただきます。
 新型コロナ感染症への対応の中、行政サービスや民間におけるデジタル化の遅れが浮き彫りになりました。思い切ってデジタル化を進めなければ、日本を変えることはできない。これを強力にリードする司令塔が必要である。こうした思いで、デジタル庁の創設を決断いたしました。
 行政サービスの電子化の遅れ、バラバラな国と自治体のシステム、マイナンバーカードの利便性の問題など、長年、手が着けられず、先送りにされてきた課題がたくさんあります。
 デジタル庁には、政府関係者に加え、民間で様々な経験をされた方が数多くいらっしゃいます。立場を超えた自由な発想で、スピード感を持ちながら、行政のみならず、我が国全体を作り変えるくらいの気持ちで、知恵を絞っていただきたいと思います。
 誰もがデジタル化の恩恵を受けることができる、世界に遜色ないデジタル社会を実現する。こうした決意を新たに、私からの挨拶とさせていただきます。皆さん、どうぞよろしくお願い申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日