総理就任1年の心境についての会見

令和3年9月16日
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

(総理就任1年の心境について)

 国民の皆さんの命と暮らしを守る、そのことを最優先に、1日も忘れることなく、新型コロナ対策に明け暮れた1年だったと思います。全国的に感染者数は減少傾向にありますけれども、油断することなく、現場の声に耳を傾け、医療体制を確保し、ワクチン接種を全力で推進していきたいと思っています。お陰様で第1回目の接種はアメリカを超えました。そして、2回目の接種もアメリカと並ぶところまで来ております。国民の皆さんの不安を一日も早く無くして、かつての生活を取り戻すことができるように頑張っていきたいと思います。
 また、長期の課題についても挑戦させていただきました。グリーン、デジタル、不妊治療、そして、高齢者の医療費改革など、正に未来を担う若者たち、その世代に対しての道筋というものを付けることができたのではないかなというふうに思っています。さらに、ALPS(多核種除去設備)処理水など、先送りすることのできない課題について、政府として対応することができたと思っています。こうしたことを実現することができたのも、国民の皆さんの御協力のお陰様と心から感謝いたしております。最後の1日まで国民のために働く内閣として全力で働いていきたいと思います。

(退任会見で1年の総括をする予定について)

 改めてそこは考えておりませんでしたけれども、いずれにしろ、そうした機会というのはあるだろうと思っています。

関連リンク

総理の演説・記者会見など