首相官邸  
安倍総理の動き トップページへ

日本・エルサルバドル首脳会談


平成18年10月23日


握手する両首脳の写真 日本・エルサルバドル首脳会談の写真

 平成18年10月23日、安倍総理は、総理大臣官邸でエルサルバドル共和国のエリアス・アントニオ・サカ・ゴンサレス大統領と首脳会談を行いました。
 冒頭、安倍総理は、「初めての訪日と伺っておりますが、昨年、外交関係を樹立して70周年を迎えて両国の関係は良好に推移しています。大統領ご夫妻の来日を機に益々両国関係が発展していくことを確信しています。」と述べました。
 首脳会談では、安倍総理から、昨年の日本・中米首脳会談で採択された「東京宣言」及び「行動計画」の実施を通じてエルサルバドル及び中米との関係を一層強化したいと述べたのに対して、サカ大統領から日本の種々の支援に対する謝意の表明がありました。
 また、北朝鮮のミサイル発射、核実験の実施に対する国連決議に対する強い支持の表明がありました。


[総理の動き 一覧へ]