首相官邸  
安倍総理の動き トップページへ

杉並区立児童青少年センター視察


平成19年2月12日


乳幼児の親子プログラムを視察する安倍総理 フリークライミングに挑む安倍総理の写真 ダンスを見学する安倍総理の写真
バスケットボールを行う安倍総理の写真 チョコレートを受け取る安倍総理の写真 運営委員会委員と意見交換を行う安倍総理の写真

写真をクリックすると拡大写真になります。

 平成19年2月12日、安倍総理は東京都杉並区の区立児童青少年センターを視察しました。
 この日訪問した児童青少年センターは、公募により「ゆう杉並」という愛称で呼ばれており、地域の中学生、高校生がスポーツや自主企画を実施したり、地域のお父さん、お母さんの子育て支援、各種講座や講演会など様々な活動の拠点となっています。
 乳幼児の親子プログラムの視察では、父母との懇談で、保育園の増設、安全な遊び場の確保、安心して第2子、第3子を産むことができる環境整備などについて、意見や要望に直接耳を傾けました。
 続いて、フリークライミングの指導、体育室で行われているダンスの見学や、卓球やバスケットボールにも参加しました。また、バレンタインチョコレートやケーキを製作しているグループから、チョコレートなどをプレゼントされました。
 中・高校生の運営委員会委員との意見交換では、「卓球や、バスケット、フリークライミング、みんな楽しい場所を見つけて、地域の人たちと交流しながら、また仲間も増えて大変よい取組だと思いました。」と述べました。
 最後にインタビューで感想を聞かれ、「みんなの活動ぶりをみていて、非常に楽しそうにやっていて、こういう交流の場は本当に大切だと思いました。こういう交流の場を全国に既に展開しているが、こういう試みを全国に更に展開したいと思います。」と述べました。