内閣官房副長官

内閣官房副長官

うるま    いわお

漆間 巌

生年月日昭和20年4月19日
出身地大分県


経  歴
昭和44年6月東京大学法学部卒業
7月警察庁入庁
55年3月在ソ連邦日本国大使館 一等書記官
62年2月防衛庁陸幕調査部調査第2課調査別室長
平成 元年8月奈良県警察本部長
8年8月愛知県警察本部長
11年1月警視庁副総監
12年1月大阪府警察本部長
13年5月警察庁警備局長
14年8月警察庁次長
16年8月警察庁長官
19年8月警察庁顧問
20年3月財団法人交通事故総合分析センター理事長
9月内閣官房副長官(麻生内閣)

プロフィール
 本籍地が大分県のため出身を同県にした。実際は東京生まれ、東京育ち。父が警視庁警察官、その影響で兄弟共に警察庁へ。東西冷戦時代のソ連邦で、社会主義・共産主義の現実の姿を知る。東京以外に青森、千葉、愛知、奈良、大阪で勤務。各地で一緒に仕事をした仲間との交流は現在まで続いており、私の最大の財産。

信  条
「自彊随時順応」

趣  味
ピアノ演奏