平成20年10月30日

麻生内閣総理大臣記者会見

写真1

記者会見を行う麻生総理の写真1

 平成20年10月30日、麻生総理は総理大臣官邸で記者会見を行い、景気不安や世界的な金融不安に対応するため、新しい経済対策「生活対策」の概要を発表しました。

 発表した対策では、「生活者対策」「中小・小規模企業等企業活力向上、金融対策」「地方」に重点を置き、「生活者対策」では定額減税や住宅ローン減税など、「中小・小規模企業等企業活力向上、金融対策」では資金繰り対策や株式配当等の軽減税率の延長など、「地方」では高速道路料金引き下げや道路特定財源の一般財源化に際して1兆円を地方に振り分けることなどが盛り込まれています。

 また、国際金融問題への対応についても麻生総理の問題意識と改革案を示し、金融機関に対する監督と規制の国際協調体制、格付け会社に対する規制の在り方、会計基準の在り方を、11月15日に行われるG8首脳会議で議論するとしました。

 会見で麻生総理は、「かつてない難しいかじ取りですが、日本政府の総力をあげて取り組んでまいります。」と述べました。

関連リンク

写真2

記者会見を行う麻生総理の写真2

写真2

記者会見を行う麻生総理の写真3

関連写真

写真をクリックすると
拡大写真になります。

  • 記者会見を行う麻生総理の写真1
  • 記者会見を行う麻生総理の写真2
  • 記者会見を行う麻生総理の写真2