平成21年2月3日

衆議院予算委員会

写真1

衆議院予算委員会で答弁する麻生総理の写真1

 平成21年2月3日、麻生総理は衆議院予算委員会に出席し、平成21年度予算案に対する各委員からの質疑に答弁しました。

 委員会では、予算案についてどこに力点を置いて編成したかという質問を受け、麻生総理は「当面の景気対策を優先するべきと判断しましたので、とにかく短期的には景気対策ということを申し上げました。同時に、財政問題を放って景気対策だけを進めるいう訳にはいかない、長期的には財政に対して責任を持つということが、政府の姿勢としては大事なところだと思います。我々としては、きちんとした財政再建の旗は立てつつ、当面は景気対策に全力をあげていくというのが課題だと思っております。」と述べました。

 また、いわゆる公務員の「渡り」についてどう考えるかという質問に対し、麻生総理は「法律では3年以内の経過期間中は認められております。しかし、私としては申請が出てきても認めることはしないと明言をしております。これに加えて、各省庁からの天下りの斡旋も、3年を待たず前倒しして廃止したいと思っております。具体的には、これを明確にするために、渡りと天下りを今年いっぱいで廃止する政令を作ることにしたいと思っております。」と述べました。

写真2

衆議院予算委員会で答弁する麻生総理の写真2

関連写真

写真をクリックすると
拡大写真になります。

  • 衆議院予算委員会で答弁する麻生総理の写真1
  • 衆議院予算委員会で答弁する麻生総理の写真2