平成21年4月14日

日本・ヨルダン首脳会談

写真1

アブドッラー国王と握手する麻生総理の写真

 平成21年4月14日、麻生総理は総理大臣官邸で、ヨルダン・ハシェミット王国のアブドッラー2世・イブン・アル・フセイン国王と首脳会談を行いました。

 麻生総理は、「 今年はアブドッラー国王の即位10周年であり、我々としては天皇陛下の即位20周年、両陛下の御結婚50周年、そして両国の外交樹立が今年になって55周年という、いろいろな意味での節目となりました。この節目の年に、来日されたことを心から歓迎申し上げます。
 日本は、ヨルダンが中東和平やイラクなどの問題に関して、地域の安定勢力として建設的な役割を果たしていただいていることを高く評価をしております。 そして日本とヨルダンはすばらしい関係だと思っておりますので、引き続き幅広い分野で両国の関係強化を進めていきたいと思っております。 」と述べました。

 これを受け、アブドッラー国王は、「 今年は、日・ヨルダンの間でいくつもの記念すべき年となっております。 このような年に二国間の、非常に親密な関係をさらに深くできることを非常に誇りに思います。 また、日本の中東地域における役割を非常にありがたく思っており、歴史的な日本の役割、そして中東における安定のための日本の役割を、非常に感謝申し上げます。 」と述べました。

 会談では、中東の平和と安定のための経済協力や、原子力分野での協力覚書、水資源に関する大型プロジェクト等について感謝や期待を述べあい、今後は「アラブ和平イニシアティブ」に基づいて米国と協力し、和平への取り組みを支援していくことが重要であるという点で意見が一致しました。

関連リンク

写真2

日本・ヨルダン首脳会談の写真1

写真3

日本・ヨルダン首脳会談の写真2

関連写真

写真をクリックすると
拡大写真になります。

  • アブドッラー国王と握手する麻生総理の写真
  • 日本・ヨルダン首脳会談の写真1
  • 日本・ヨルダン首脳会談の写真2