平成21年6月25日

日本記者クラブで講演

写真1

日本記者クラブで講演を行う麻生総理の写真1
写真提供:ガンマプレス 栗田格氏

 平成21年6月25日、麻生総理は都内の日本記者クラブで、「私の目指す安心社会」と題して講演を行いました。この講演では、6月15日にまとめた「安心社会実現会議報告」を、日本が目指すべき安心社会の「見取り図」と「道筋」を描いたものとして、説明を行いながら、目指すべき安心社会について述べました。

 麻生総理は講演の中で、「これからの安心社会は、これまでの延長線では実現できないと考えております。これから日本が目指すべき安心社会は、私たちみんなでつくりあげていくものです。安心は、決して『いたれり、つくせり』の受け身の安心社会ではありません。国民一人ひとりが、役割と責任を分かち合う。そして、家族や地域で、また、世代を超えて、共に支え、信頼し合える社会をつくりあげることです。4月に発表した『未来開拓戦略』と、6月にまとめた『安心社会実現会議報告書』が、安心社会への地図です。これに沿って、安心社会を実現してまいります。」と述べました。

 そして結びに、「多くの国民が日本の政治に不満を持っています。それは『国民の期待に、政治が応えていない』ということです。私は、このことについて真剣に反省しなければならないと考えています。国民の政治への信頼を回復するためには魔法も即効薬もありません。国民の不満と要求に対し、一つひとつに応え、信頼を回復するしかありません。私は日本の政治を変えます。『日本を守るために変える』それが、日本を再び強く明るい国に変えるのです。次なる発展に、私は責任を持ちます。」と締めくくりました。

関連リンク

写真2

日本記者クラブで講演を行う麻生総理の写真2
写真提供:ガンマプレス 栗田格氏

関連写真

写真をクリックすると
拡大写真になります。

  • 日本記者クラブで講演を行う麻生総理の写真 写真提供:ガンマプレス 栗田格氏
  • 日本記者クラブで講演における写真