平成21年7月16日

日本・モンゴル国首脳会談

写真1

バヤル首相と握手する麻生総理の写真

 平成21年7月16日、麻生総理は総理大臣官邸で、モンゴル国のサンジャー・バヤル首相と首脳会談を行いました。

 会談では、「総合的パートナーシップ」のもと、あらゆる分野で幅広い交流が進展しており、「今後10年間の日本・モンゴル基本行動計画」が着実に実施されていることをはじめとする二国間交流の評価や、経済協力、民間の経済・通商関係の強化のほか、人物交流の重要性や北朝鮮問題等について意見交換を行いました。

 冒頭の挨拶で、麻生総理は「日本とモンゴルの両国間では、総合的なパートナーシップのもと、スポーツ、文化を含めて、あらゆる分野で幅広い交流が進展しつつあるところだと思います。
 今回のバヤル首相の訪日が、日本・モンゴル関係を更にゆるぎないものにするものと確信をし、また、本日の首脳会談の成果が、日本・モンゴル関係の着実な発展に資するものと期待をいたしております。」と述べました。

 会談終了後、両首脳の立会いのもと「ダルハン市給水施設改善計画」(無償資金協力)の交換公文及び「原子力エネルギー及びウラン資源に関する協力覚書」への署名が行われました。

関連リンク

関連写真

写真をクリックすると
拡大写真になります。

  • バヤル首相と握手する麻生総理の写真
  • 日本・モンゴル国首脳会談の写真
  • 交換公文署名式に臨む両首脳の写真1
  • 交換公文署名式に臨む両首脳の写真2