首相官邸  
麻生内閣総理大臣演説等 トップページへ


総理メッセージ
「新型インフルエンザ」について


平成21年5月11日

動画イメージ

  政府インターネットテレビ[01ch]総理の動き



 総理大臣の麻生太郎です。これから「新型インフルエンザ」について、お話をしたいと存じます。

 新型インフルエンザも、他の病気と同じように、予防が大切です。
 まず、「手洗い」や「うがい」を欠かさず、
 また、咳、くしゃみをするときには、ティッシュで口や鼻をおおうなど、「咳エチケット」を守る
日頃からこれらを習慣付けましょう。

 また、海外から帰国した後で、熱が上がったり、咳が出たりする場合は、何か不安があれば、病院に行く前に、まずは、最寄りの保健所などに置かれている「発熱相談センター」にぜひ相談してください。

 専門医療を受診することが必要かどうかなど、適切なアドバイスが受けられるようになっています。

 今回の新型インフルエンザは、油断はできません。しかし、これまでのところ、専門家によれば、仮に感染した場合でも、早めに治療を受けさえすれば、おそれるものではないと言われています。

 タミフルやリレンザといった薬品も、新型インフルエンザへの治療効果があると認められております。国や都道府県などで、約3,800万人分の備蓄もあります。

 政府としては、
 情報の収集や、国民の皆さんへの迅速な情報提供に努めています。
 また、水際対策をはじめ、感染拡大の防止や、治療体制の整備に、全力をあげております。

 重ねて申し上げます。皆様も、常日頃からの予防に心掛けてください。政府や各自治体が発表する情報に十分注意して、注意を怠らず、冷静な対応をお願いいたします。