首相官邸  
麻生内閣総理大臣演説等 トップページへ

平成21年度補正予算成立に関する
内閣総理大臣コメント

平成21年5月29日


  本日、平成21年度補正予算が、成立しました。
  この補正予算で執行する「経済危機対策」は、事業費で57兆円、財政出動で15兆円となる、過去最大のものです。
  対策と、この補正予算の策定に当たり、私から3つの指示を出しました。
  一つは、政策の総動員をすること。
  二つ目は、多年度の対策とすること。
  三つ目は、オールジャパンの対応とすること。

  本補正予算は、まさにこうした指示を踏まえたものになっています。
  現下の経済危機において、第一に、景気の底割れを防ぎ、第二に、生活者の皆様の痛みをやわらげ、安心を確保し、そして第三に、未来の成長につなげる。そういった目的に向けて、政府としての最大限の努力が、盛り込まれていると考えています。
  平成21年度当初予算とともに、この補正予算を早急に実施していくことで、景気の回復を目指します。

  本補正予算の成立にご尽力いただいた関係者の皆様に感謝致しますとともに、引き続き、今回の経済危機対策に盛り込まれている税制改正のための法案、その他の関連法案の早期の成立を期し、力を尽くしてまいりたいと考えています。