首相官邸  
麻生内閣総理大臣演説等 トップページへ

内閣総理大臣コメント

平成21年8月3日


 4分38秒4。
長崎への原爆投下からちょうど2年後の8月9日、古橋さんが四百メートル自由形で記録した、世界新記録。終戦で沈んでいた日本人の心に差した一筋の光でした。

 「ハングリーは克己と訳せ。勝ちたければ、魚になるまで泳ぐ。」その言葉通りの努力はやがて、「The Flying Fish of Fujiyama」と翌日のアメリカの新聞に書かれるほどの活躍に結びつき、当時の日本人に、復興への確かな勇気と希望を与えてくれました。

 多くの日本人は、その勇気と希望を胸に、明日の日本を今よりも良く、子供たちの日本をもっと良く、そういう思いで、この国を築き上げてきたのだと思います。

 こうしたご功績に加え、日本オリンピック委員会会長として、また、スポーツ指導者の育成などで、選手生活を終えられた後も輝かしいご功績を残された、そのご尽力に改めて敬意を表しますとともに、心からご冥福をお祈り申し上げます。