ペルー日本大使公邸占拠事件人質解放における橋本総理記者会見

平成9年4月23日


[橋本総理] まだ事態はいろいろ動いていますけれども、先ほどに続いて在ペルー日本大 使公邸占拠事件についての御報告を申し上げます。
お陰様で日本人の人質の方々にはけが人、と言っても大した重傷はありません。打撲症、あ るいはやけど、足首の捻挫、かかとの骨折といった傷が報告されていますが、心配しなければなら ないようなけがはなく、全員無事で救出をされました。

ただ、ペルー側ではお1人が、ジュスティーさんと言われる最高裁の判事が亡くなられ、ま た、ペルー軍特殊部隊の中から2名の戦死者を出したようであります。亡くなられた方には謹んで お悔みを申し上げますし、特に救出に当たってくだすった部隊の中の死亡者、心から哀悼の意を表 したいと思います。

池田外務大臣は大体今夜8時には東京、あるいは成田を飛び立って現地へ飛ぶことになりま す。

そこで、フジモリ大統領とちょうど8時55分から約15分、20分近くのお話をいたしました。 私の方から申し上げたことは、まず、お礼であり、同時に大統領の御家族、及びアリトミ在日ペル ー大使の御家族、こうした方々は無事だったかということで、皆その人たちは無事だった。しかし 、最高裁判事1名、特殊部隊の隊員2名が死亡した。そのようなやり取りがございました。

そして、大統領からは事前連絡をしなかったことに対して、大変微妙なタイミングをつかま えての作戦であるだけに、理解をしてほしいという非常に丁重な話がありました。私も立場がもし 違ったら同じことをしたかもしれません、遺憾だということは申し上げた上で私は理解をいたしま すということを申し上げました。

そして、フジモリ大統領からは特に日本国民へのメッセージとして、時間が掛かったけれど も、無事、人質の皆さんを解放することが出来たこと。そして、テロに屈せずこれを完了したこと 。ここまで来る間、大変多くの方々が心配をされたと思うけれども、自分を信じてもらって、また 、ペルー政府を信じていただいて本当にありがとうということでした。

私の方からは、今日池田大臣を派遣するが、それは1つはあなたに対しお礼を申し上げるこ とであり、同時にこの混乱の終結した段階において、大使館業務を立ち上げなければならない。ま た、釈放された方々の関係企業、その他のさまざまな問題が起こり得るので、こうした点に対して の対応をすることであり、あなたの邪魔にはならないように派遣をするから是非頼む。同時に、公 邸、解放された以上、我々としてもこれは当然、捜査をきちんと行わなければなりません。そうし た点についての協力を求めました。

この点については、大統領の方から了解してもらえれば、2日間公邸を閉鎖させてほしい。 何故なら、テログループの残した爆弾、あるいは地雷等の除去の問題があり、中に安全に入れる状 態を確保するためには、それぐらいの時間がほしいということでありました。

幸い現地には日本側警察庁の関係者、既に現地におります。その諸君と協議をした上で封鎖 をしてもらいたい。でないと後でさまざま、よけいな問題を生ずる可能性がある。

同時に、池田外務大臣がそちらに赴く際に、警察庁の捜査の専門家たち、これを同行させる のでペルー側と協力をして、公邸内の捜査全般に当たらせたい。この点についての協力を求める。 この辺は一切合意をいたしております。

なお、ちょうど今お医者様の交代のチームを送っている最中で、今日の午後には交代のドク ターのチームが着くんですけれども、これは内科、あるいは消化器系、放射線系といったところを 中心に送っておりましたので、直ちに総合診療、あるいは災害精神医学、精神科といった長期の拘 束の後のストレスの問題に対応出来るドクターチームを増派します。ここまで大変協力をいただい た大学の心理学の専門家等もありまして、そうした方々をチームとして現地に送る予定にしており ます。

いろいろこの事件が発生以来、今日までの間に皆さんは情報を必要とする、我々は少しでも 安全を考えると情報を秘匿したいということで、時々いらいらさせたことがあると思いますが、こ の点は改めて事件の解決の今日、おわびをすると同時に、非常に良心的に協力をしていただいた関 係者にも改めてお礼を申し上げたいと思います。

私の方からは今は以上です。

[質問] 総理、大統領の方から、何故このタイミングで強行突入に踏み切ったのかという ことについて、もう少し詳しい説明はなかったのでしょうか。

[橋本総理} あったとしても、今の時期では微妙過ぎて申し上げられないと思います。 あったなかったということ自体を私は秘匿させていただきたい。

[質問] 総理、かつてトロントの会談では基本的には平和的に事件を解決するというこ とで一致して、しかし、人質の安全に問題があった場合については、その限りではないというよう な合意がされたと思うんですが、その合意に照らして、今回の事態というのは、総理としては十分 納得し得る事態だったのかどうか、その点についてはいかがですが。

[橋本総理] 机の上の議論なら幾らでも出来ます。しかし、このチャンスならば救出出 来るという判断は現地の最高責任者にしか出来ません。そして、幸いその判断が、それでも多少の 犠牲を出した訳だけれども、成功した。私はそれが約束違反だとかどうかという以前に、むしろ最 高指揮官としてのフジモリさんが最善のタイミングをはかり、この挙に出た。そして、結果として は、それでも一人の人質からの死者を出したが、また、突入部隊の中から2人の死亡者を出したが 、他の方々を無事に皆救出をしたと。これがすべての答えじゃないでしょうか。

[質問] 最近このペルーの問題については、我々にとっても非常に情報が途絶えて、ど うなることか非常に関心を持って見守っていたんですけれども、結果的に強行策で突入したという ことを政府としては、シミュレーション、ないし内々の検討で、この時期に想定されていたのかど うか。それについてはいかがですが。

[橋本総理] 少なくとも私が東京にいる間、こうした事態が発生した場合、その場合に 通告のある場合、とっさの判断でない場合、私が海外に出た後、一番問題なのは実は飛行機に乗っ ている間に起きることだったんですけれども、どこの国であれ、目的の国へ入ってしまっていると きと上空にいるときと少々問題が違いました。しかし、そういう想定をしていなかったはずはあり ません。もし、そういう想定を全くせずというんだったら、これはよほど楽観的な方だったんでし ょうね。
しかも、それは正月ASEANに出ていくときの内容と、トロント会議を経て今日の時点で 考えることと、当然その差はありました。ですから、東京にいて通告ありの場合、なしの場合。海 外に出ていて通告ありの場合、なしの場合、当然ながらそういう問題について、どういう対応がな し得るかを勉強するぐらいのことは、それは政府として当然じゃないでしょうか。

[質問] 総理、明日から訪米される訳ですけれども、予定を変更されてフジモリ大統領 と会談されることはお考えになっていますか。

[橋本総理] それはほかの国に大変失礼でしょう、まず第一に。
それと同時に、私はこれは他の国に回るついでにペルーに行くという性格のものだとは思い ません。だからこそ、外務大臣に緊急に飛んでもらい、やらなければならない対応はしてもらいま すけれども、むしろ時間が許すならば東京を出発して、それは目的地はリマであり、そして、その リマをたった途中の給油地点は別として、帰国の目的地は東京である。そういう旅行で対応すべき 話だと思います。どこかのついでで寄れるというようなものではないと私は思う。