第十四章 環境省関係


   第十四章 環境省関係
 (自然環境保全法の一部改正)
第百八十条 自然環境保全法(昭和四十七年法律第八十五号)の一部を次のように改正する。
  目次中「及び自然環境保全審議会」を削る。
  「第二章 自然環境保全基本方針及び自然環境保全審議会」を「第二章 自然環境保全基本方針」に改
 める。
  第十三条を次のように改める。
 第十三条 削除
 (動物の保護及び管理に関する法律の一部改正)
第百八十一条 動物の保護及び管理に関する法律(昭和四十八年法律第百五号)の一部を次のように改正す
 る。
  第十二条を次のように改める。
 第十二条 削除
 (瀬戸内海環境保全特別措置法の一部改正)
第百八十二条 瀬戸内海環境保全特別措置法(昭和四十八年法律第百十号)の一部を次のように改正する。
  第二十三条を次のように改める。
 第二十三条 削除
 (公害健康被害の補償等に関する法律の一部改正)
第百八十三条 公害健康被害の補償等に関する法律(昭和四十八年法律第百十一号)の一部を次のように改
 正する。
  第百十一条中「環境庁長官」を「環境大臣」に改める。
  第百十三条、第百十七条及び第百二十三条第三項中「内閣総理大臣」を「環境大臣」に改める。
 (水俣病の認定業務の促進に関する臨時措置法の一部改正)
第百八十四条 水俣病の認定業務の促進に関する臨時措置法(昭和五十三年法律第百四号)の一部を次のよ
 うに改正する。
  第四条を次のように改める。
 第四条 削除
 (環境基本法の一部改正)
第百八十五条 環境基本法(平成五年法律第九十一号)の一部を次のように改正する。
  第四十一条第一項中「環境庁」を「環境省」に改め、「(以下この条及び次条において「審議会」とい
 う。)」を削り、同条第二項中「審議会」を「中央環境審議会」に改め、第二号を削り、同項第三号中「
 環境庁長官」を「環境大臣」に改め、同号を同項第二号とし、同号の次に次の一号を加える。
  三 鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律(大正七年法律第三十二号)、自然公園法(昭和三十二年法律第百六
   十一号)、農用地の土壌の汚染防止等に関する法律(昭和四十五年法律第百三十九号)、自然環境保
   全法(昭和四十七年法律第八十五号)、動物の保護及び管理に関する法律(昭和四十八年法律第百五
   号)、瀬戸内海環境保全特別措置法(昭和四十八年法律第百十号)、公害健康被害の補償等に関する
   法律(昭和四十八年法律第百十一号)及び絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(
   平成四年法律第七十五号)によりその権限に属させられた事項を処理すること。
  第四十一条第二項第四号を削る。
  第四十一条第三項中「審議会」を「中央環境審議会」に、「内閣総理大臣、環境庁長官」を「環境大臣
 」に改め、同条に次の一項を加える。
 4 前二項に定めるもののほか、中央環境審議会の組織、所掌事務及び委員その他の職員その他中央環境
  審議会に関し必要な事項については、政令で定める。
  第四十二条を次のように改める。
 第四十二条 削除
  第四十五条第一項中「総理府」を「環境省」に改める。
  第四十六条第二項中「内閣総理大臣」を「環境大臣」に改め、同条第三項中「関係行政機関の長のうち
 から」を「内閣官房長官、関係行政機関の長及び内閣府設置法(平成十一年法律第   号)第九条第一
 項に規定する特命担当大臣のうちから、環境大臣の申出により」に改め、同条第五項中「内閣総理大臣」
 を「環境大臣」に改め、同条第七項を削り、同条第八項を同条第七項とする。