第九章 文部科学省関係


   第九章 文部科学省関係
 (学校教育法の一部改正)
第六十六条 学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)の一部を次のように改正する。
  第六十九条の三及び第六十九条の四を削る。
 (国立学校設置法の一部改正)
第六十七条 国立学校設置法(昭和二十四年法律第百五十号)の一部を次のように改正する。
  第一条第一項中「この法律により」を「文部科学省に」に改め、同条第二項中「文部大臣」を「文部科
 学大臣」に改める。
  第三条第三項、第四条第二項、第五条、第六条の二及び第七条中「文部省令」を「文部科学省令」に改
 める。
  第七条の二第二項中「文部大臣」を「文部科学大臣」に改める。
  第七条の三第一項ただし書、第二項第二号及び第三号並びに第三項第一号中「文部省令」を「文部科学
 省令」に改め、同条第四項中「文部大臣」を「文部科学大臣」に改める。
  第七条の四第一項第三号、第七条の六、第七条の八並びに第七条の九第三項及び第四項中「文部省令」
 を「文部科学省令」に改める。
  第九条の五第一号中「文部大臣」を「文部科学大臣」に改める。
  第十条、第十三条及び附則第五項中「文部省令」を「文部科学省令」に改める。
 (私立学校法の一部改正)
第六十八条 私立学校法(昭和二十四年法律第二百七十号)の一部を次のように改正する。
  第十八条から第二十四条までを次のように改める。
 第十八条から第二十四条まで 削除
 (文化財保護法の一部改正)
第六十九条 文化財保護法(昭和二十五年法律第二百十四号)の一部を次のように改正する。
  目次中「文化財保護審議会(第八十四条−第八十四条の四)」を「文化審議会への諮問(第八十四条)
 」に改める。
  第五章の四の章名を次のように改める。
    第五章の四 文化審議会への諮問
  第八十四条を削る。
  第八十四条の二の見出し中「審議会」を「文化審議会」に改め、同条第一項中「文部大臣」を「文部科
 学大臣」に、「審議会」を「文化審議会」に改め、同条第二項中「審議会」を「文化審議会」に改め、同
 条を第八十四条とする。
  第八十四条の三及び第八十四条の四を削る。
  第百十六条第二項中「文化財保護審議会においては」を「文化審議会は」に、「第一条の規定による輸
 出及び移出の許可、同法第二条」を「第二条第一項」に、「取消」を「取消し」に改め、「その他重要美
 術品等の保存に関する重要事項」を削り、「且つ、これらの事項」を「及びこれ」に改める。
 (文化功労者年金法の一部改正)
第七十条 文化功労者年金法(昭和二十六年法律第百二十五号)の一部を次のように改正する。
  第二条を次のように改める。
  (文化功労者の決定)
 第二条 文化功労者は、文部科学大臣が決定する。
 2 文部科学大臣は、前項の規定により文化功労者を決定しようとするときは、候補者の選考を文化審議
  会に諮問し、その選考した者のうちからこれを決定しなければならない。
  第三条から第七条までを削り、第八条を第三条とする。
 (宗教法人法の一部改正)
第七十一条 宗教法人法(昭和二十六年法律第百二十六号)の一部を次のように改正する。
  第七十一条第一項中「文部省」を「文部科学省」に改め、同条第二項を次のように改める。
 2 宗教法人審議会は、この法律の規定によりその権限に属させられた事項を処理する。
  第七十一条中第三項を第四項とし、第二項の次に次の一項を加える。
 3 宗教法人審議会は、所轄庁がこの法律の規定による権限(前項に規定する事項に係るものに限る。)
  を行使するに際し留意すべき事項に関し、文部科学大臣に意見を述べることができる。
  第七十二条第二項中「文化庁長官の申出により、文部大臣」を「文部科学大臣」に改める。
  第七十四条第二項中「文部大臣」を「文部科学大臣」に改める。
  第七十五条第三項中「文部大臣が大蔵大臣」を「文部科学大臣が財務大臣」に改める。
  第七十七条中「除く外」を「除くほか」に、「文部大臣」を「文部科学大臣」に改める。
 (ユネスコ活動に関する法律の一部改正)
第七十二条 ユネスコ活動に関する法律(昭和二十七年法律第二百七号)の一部を次のように改正する。
  第五条第一項中「わが国」を「我が国」に、「として」を「として、文部科学省に」に、「設置する」
 を「置く」に改め、同条第二項を削る。
  第六条第一項中「関係大臣」を「関係各大臣」に、「左の各号に」を「次に」に改め、同条第二項中「
 関係大臣」を「関係各大臣」に、「文部大臣」を「文部科学大臣」に改める。
  第九条第一項中「左の」を「次の」に、「文部大臣」を「文部科学大臣」に改める。
  第十一条中「文部大臣」を「文部科学大臣」に改める。
  第十二条第二項中「基き、文部大臣」を「基づき、文部科学大臣」に改める。
  第十三条第三項中「文部大臣」を「文部科学大臣」に改める。
  第十八条第一項中「文部省」を「文部科学省」に改める。
 (日本学士院法の一部改正)
第七十三条 日本学士院法(昭和三十一年法律第二十七号)の一部を次のように改正する。
  第九条中「文部大臣」を「文部科学大臣」に改める。
 (放射線障害防止の技術的基準に関する法律の一部改正)
第七十四条 放射線障害防止の技術的基準に関する法律(昭和三十三年法律第百六十二号)の一部を次のよ
 うに改正する。
  第四条中「科学技術庁」を「文部科学省」に改める。
  第五条を次のように改める。
  (審議会の所掌事務)
 第五条 審議会は、この法律の規定によりその権限に属させられた事項を処理する。
 2 審議会は、前項に規定する事項に関し、関係行政機関の長に意見を述べることができる。
  第七条第一項中「三十人」を「二十人」に改め、同条第二項中「関係行政機関の職員及び」を削り、「
 内閣総理大臣」を「文部科学大臣」に改め、同条第四項中「(関係行政機関の職員のうちから任命された
 委員を除く。)」を削り、同条第五項中「前項の」を削る。
 (原子力損害の賠償に関する法律の一部改正)
第七十五条 原子力損害の賠償に関する法律(昭和三十六年法律第百四十七号)の一部を次のように改正す
 る。
  第十八条第一項中「科学技術庁」を「文部科学省」に改める。
 (大学の運営に関する臨時措置法の一部改正)
第七十六条 大学の運営に関する臨時措置法(昭和四十四年法律第七十号)の一部を次のように改正する。
  第十三条を次のように改める。
 第十三条 削除
 (技術士法の一部改正)
第七十七条 技術士法(昭和五十八年法律第二十五号)の一部を次のように改正する。
  目次中「第五章 技術士審議会(第四十八条−第五十三条)」を「第五章 削除」に改める。
  第五章を次のように改める。
    第五章 削除
 第四十八条から第五十三条まで 削除
 (生涯学習の振興のための施策の推進体制等の整備に関する法律の一部改正)
第七十八条 生涯学習の振興のための施策の推進体制等の整備に関する法律(平成二年法律第七十一号)の
 一部を次のように改正する。
  第十条を削り、第十一条を第十条とし、第十二条を第十一条とする。
 (地震防災対策特別措置法の一部改正)
第七十九条 地震防災対策特別措置法(平成七年法律第百十一号)の一部を次のように改正する。
  第七条第一項中「総理府」を「文部科学省」に改める。
  第八条第一項中「科学技術庁長官」を「文部科学大臣」に改め、同条第三項中「内閣総理大臣」を「文
 部科学大臣」に改め、同条第四項中「科学技術庁」を「文部科学省」に改める。
  第九条第二項及び第十条第三項中「内閣総理大臣」を「文部科学大臣」に改める。