外務政務次官

浅野勝人
あさの かつひと
浅野 勝人

生年月日昭和13年4月19日(62歳)
出  身愛知県
衆議院議員愛知県第14区選出(当選3回)


経 歴
昭和36年 3月早稲田大学第1政経学部卒業
昭和36年 4月NHK政治記者(外務省・首相官邸キャップ歴任)
昭和57年 8月NHK解説委員
平成 2年 2月第39回衆議院議員総選挙初当選
(以降平成8年10月(第41回)及び平成12年6月(第42回)総選挙にて再選)

政 歴
代理
平成 8年11月防衛政務次官(第二次橋本内閣)
平成 9年10月衆議院安全保障委員会筆頭理事
平成 9年10月自由民主党政務調査会通信部会長
平成11年 1月自由民主党国会対策委員会副委員長
平成11年10月自由民主党政務調査会国防部会長
平成12年 7月外務政務次官(第二次森内閣)

プロフィール
 大学卒業後、NHKに勤め政治記者を経て解説委員となる。鈴木善幸内閣当時、総理官邸キャップとなり土光臨調をあと押しして行財政改革を迫った。その後ニュース解説番組「視点」の解説委員として活躍。平成2年衆院議員初当選。同5年の選挙では苦杯をなめたものの、8年再び国会へ復帰。これまでの経験を買われ第2次橋本内閣で防衛政務次官を務める。また、11年1月、自民党国対副委員長、10月には自民党政調国防部会長に就任。この間、新たな日米防衛協力のための指針に基づく周辺事態安全確保法の成立に寄与。

家 族
妻、二女

信 条
座右の銘は「千畳敷も寝るは一畳」。驕らず(おごらず)、威張らず(いばらず)、諂わず(へつらわず)。
座右の書は「貞観政要(じょうがんせいよう)」。