文部総括政務次官

鈴木恒夫
すずき つねお
鈴木 恒夫

生年月日昭和16年2月10日(59歳)
出  身神奈川県横浜市
衆議院議員(神奈川県第7選挙区 当選4回)


経 歴
昭和38年 3月早稲田大学第一政経学部卒業
昭和38年 4月毎日新聞東京本社入社
昭和52年 7月新自由クラブ代表河野洋平衆議院議員秘書
昭和58年12月自治大臣(田川誠一)秘書官

政 歴
昭和61年 7月衆議院議員当選(新自由クラブ)
平成 2年 3月自由民主党文教部会副部会長
平成 3年11月自由民主党環境部会長代理
平成 4年12月文部政務次官
平成 5年 8月自由民主党総裁秘書役
平成 8年10月衆議院議員当選
平成 8年11月環境政務次官
平成 9年 9月自由民主党環境部会長
平成10年 1月自由民主党文教制度調査会副会長
平成10年 8月自由民主党環境部会長
自由民主党行政改革本部事務局次長
自由民主党出版局長
平成11年10月衆議院文教委員長
自由民主党環境基本問題調査会副会長
平成12年 7月文部総括政務次官

プロフィール
教育と環境を政策の二本柱に初当選以来両分野で活動を続ける。「子どもたちは野山で自然に親しむのが一番。それが命の大切さや他人への思いやりといった人間性の基本を形作る」が口癖。中学高校と熱中したサッカーは現在も「現役」で昨年の国会議員日韓対抗戦でも大活躍した。正義感にあふれる熱血漢として知られる一方で、温厚な人柄から「恒さん」と親しまれている。

信 条
至誠通天

趣 味
サッカー、音楽鑑賞

家 族
妻と一女