農林水産総括政務次官

石破 茂
いしば しげる
石破  茂

生年月日昭和32年2月4日(43歳)
本籍地鳥取県
衆議院議員鳥取県第1区(当選5回)


経 歴
昭和50年4月慶応義塾高等学校卒業
54年3月 慶応義塾大学法学部法律学科卒業
54年4月 株式会社三井銀行入行
58年1月 株式会社三井銀行退行

政 歴
昭和61年7月衆議院議員初当選
平成2年2月衆議院議員二選
4年12月農林水産政務次官
5年7月衆議院議員三選
8年1月衆議院規制緩和に関する特別委員長
8年10月衆議院議員四選
10年8月衆議院運輸常任委員長
12年6月衆議院議員五選
12年7月農林水産総括政務次官

プロフィール
 慶應義塾大学卒業後三井銀行に入行、その後父・石破二朗(建設事務次官、鳥取県知事、参議院議員、自治大臣)の急逝後、同行を退行し、木曜クラブ事務局に勤務。2年後衆議院議員に全国最年少議員として初当選、以来連続五選。
 党広報本部長代理、安全保障調査会副会長、年金制度調査会副会長、憲法調査会副会長等を務め、衆議院運輸常任委員長、運輸委員会筆頭理事を歴任、運輸行政、外交・安全保障問題にも明るい。

農林水産総括政務次官にあたっての抱負
「都市対農村」的な利害の対立軸によって二大政党が構成されることは、国家にとってこの上ない不幸であり、絶対に避けねばならない。国際交渉も、世界に通用する理論が必要。説明責任を確立し、都市部の有権者と世界とに理解されうる農政をめざしたい。