総務総括政務次官

海老原 義彦
えびはら よしひこ
海老原 義彦

生年月日昭和3年10月7日(71歳)
出  身茨城県
参議院議員(比例代表、当選1回)


経歴
昭和27年3月東京大学農学部卒業
昭和30年4月人事院採用 
昭和47年5月総理府恩給局恩給問題審議室長
昭和57年8月総理府賞勲局審議官
昭和58年5月公害等調整委員会事務局長
昭和59年7月総理府賞勲局長
昭和62年6月総理府次長
平成元年3月退官
平成元年4月公害等調整委員会委員
平成6年7月    同     退任
平成6年7月軍恩連盟全国連合会副会長
平成7年7月参議院議員
平成7年9月軍恩連盟全国連合会会長
平成9年10月参議院労働委員会理事
平成10年8月参議院総務委員会理事
平成10年8月自由民主党恩給制度調査会副会長
平成11年10月自由民主党内閣部会部会長代理
平成11年10月自由民主党総務会総務
平成12年7月総務総括政務次官

プロフィール
 東大卒業後、公務員となり公務員制度、恩給のベテランとして、総理府次長に。退官後も公害等調整委員会委員として活躍した。
 平成7年に参議院議員に当選後は、NPO法成立の際には超党派修正の中心となった。