北海道開発総括政務次官

橋本聖子

はしもと せいこ

橋本 聖子(石崎 聖子)

生年月日昭和39年10月5日生(35歳)
出  身北海道勇払郡早来町
参議院議員(比例区 当選1回)


<
経歴
昭和58年駒沢大学付属苫小牧高校 卒業
昭和58年富士急行株式会社 入社
昭和59年冬季オリンピックサラエボ大会出場(スピードスケート)
以降、3度の冬季オリンピック(スピードスケート)、3度の夏季オリンピック(自転車)に出場
*オリンピック出場7回は女子世界最多記録
平成7年参議院議員自由民主党比例区選出
参議院総務委員会理事、参議院沖縄及び北方問題に関する特別委員会等を歴任
自由民主党女性に関する特別委員会、自由民主党建設部会副部会長、自由民主党女性局青少年局次長、自由民主党教育・文化・スポーツ関係団体委員会副委員長を歴任
日本知的障害者陸上競技連盟会長、財団法人日本オリンピック委員会選手強化本部常任委員、北海道開発審議会委員、全国体育指導員連合理事、北海道トライアスロン連合会長等を歴任

プロフィール
7度のオリンピック出場のうち、アルベールビル大会において銅メダルを獲得。
平成7年参議院比例区初当選を果たした。社会福祉の充実と女性参画の確立を目指しながら、青少年教育の育成にも力を注ぎ、若き女性の立場からの政策を打ち出している。

信条
細心大胆

家族
夫、1男3女

著書
「聖火に恋して」